ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ウルフルズ】 『ウルフルズ ツアー2017 人生 〜デビュー25周年やな!せやせや!〜』 2017年8月3日 at 中野サンプラザホール

 祝デビュー25周年。大ヒットあり、活動休止あり、波乱万丈の25年を経た4人が笑顔でステージに揃い、バンドに人生を重ねてきた満員の観客が拍手と歓声で讃える。なんて素晴らしい光景だろう。序盤からデビュー曲「やぶれかぶれ」、2ndアルバム表題曲「すっとばす」と古参ファンにはたまらない選曲で盛り上げ、「それが答えだ!」ではトータス松本(Vo)が渾身のダンスを披露して大喝采を浴びる。トータスは持ち前のショーマンシップに円熟の歌を加え、最新アルバム『人生』からの「せやなせやせや人生は」など、新機軸の演歌ロックを堂々と歌い上げる。ド派手なスパンコール付きの着物に金の扇子、こんな衣装が似合ってしまうヴォーカリストはトータス以外あり得ない。お馴染み「ガッツだぜ!!」もディスコというよりまるで祭囃子のよう。ギターと歌だけの気迫漲るイントロに鳥肌が立った「サムライソウル」、そして人生肯定応援歌の決定版「ええねん」では、ウルフルケイスケ(Gu)がステージにひざまずき、魂のギターソロをかきむしる。ジョンB(Ba)の一番のお気に入りだという「バカサバイバー」のベースはどこまでも太くしなやかに、サンコンJr.のドラムはディスコもソウルもフォークロックも、どんな曲調でも完璧なビートでバンドを支える。サポートキーボードの浦清英も含め、アンサンブルは完璧だ。アンコールは「SUN SUN SUN’95」と、一同大合唱になった「バンザイ~好きでよかった~」。トータスが“まだまだ新人の心構えでやっていきます”と力強く宣言する。せやな、せやせや。人生まだまだこれからや。
 (okmusic UP's)
撮影:石井亜希/取材:宮本英夫
セットリスト
1.こいよ!
2.やぶれかぶれ
3.すっとばす
4.おれを夢中にさせないで
5.笑えれば
6.それが答えだ!
7.しあわせ
8.迷ったら Do It
9.はげしくやさしく
10.せやなせやせや人生は
11.ガッツだぜ!!
12.ツーツーウラウラ
13.サムライソウル
14.ええねん
15.バカサバイバー
16.もーあかんブギ
17.バカヤロー
<ENCORE>
1.SUN SUN SUN’95
2.バンザイ〜好きでよかった〜
ウルフルズ
ウルフルズ:1988年、大阪・中津にて結成。92年5月にシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。シングル「ガッツだぜ!!」「バンザイ 〜好きでよかった~」をはじめ、ヒット曲を生み出す。中でもアルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録など、精力的な活動で功績を残すが、2009年7月、大阪・万博記念公園での野外ライヴ『ヤッサ09FINAL!!』をもって活動休止。しかし、14年2月25日に再始動を発表すると、同日にデジタルシングル「どうでもよすぎ」、5月に6年半振りのオリジナルアルバム『ONE MIND』をリリース、さらに8月には恒例の野外ワンマンライヴ『ヤッサ』、秋には全国ツアーを開催し、完全復活を果たした。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy