ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】ももいろクローバーZ『BLAST!』のCDセールスを都道府県別に見る

【深ヨミ】ももいろクローバーZ『BLAST!』のCDセールスを都道府県別に見る

 ももいろクローバーZが、ニュー・シングル『BLAST!』を8月2日にリリースした。前作『ゴールデンヒストリー』以来約1年ぶり、自身通算17枚目のシングルとなる本作は、初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の全3形態で展開。『ゴールデンヒストリー』のカップリング「DECORATION」や4thアルバム『白金の夜明け』収録曲「マホロバケーション」なども手掛けたinvisible mannersによる表題曲「BLAST!」含む全5曲を収録している。

 初動3日間で28,590枚を売り上げ、その後も約1万枚伸ばして初週累計売上38,212枚となり、8月14日付のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”では3位に入った本作。店舗売上を都道府県別で見てみると、東京、神奈川、埼玉と関東圏がトップ3を占めており、愛知、大阪と西側の主要都市が続く。また、7位には関東の千葉を抑えて静岡が入った。静岡といえば、リーダーであり赤色担当の百田夏菜子の出身地。“茶畑のシンデレラ”といったキャッチフレーズをはじめ、静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』への出演や、静岡県浜松市の親善大使“浜松市やらまいか大使”としての活動など、頻繁に地元愛を表明してきた百田。地元からの大きな支持がCD売上からもうかがえる結果となった。

1位:東京
2位:神奈川
3位:埼玉
4位:愛知
5位:大阪
6位:北海道
7位:静岡
8位:千葉
9位:福岡
10位:群馬

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】HKT48の『キスは待つしかないのでしょうか?』が284,698枚を売上げシングルセールスチャート首位
アイドル戦国時代の必勝法は? HKT48とももいろクローバーZの戦略【Chart insight of insight】
ももいろクローバーZ、全7ライブの映像がフルバージョンで初配信決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。