体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワインのようにお茶を楽しむ! ABBA RESORTS IZU-坐漁荘「ティーペアリング」体験リポート

“ティーペアリング”がブームの兆しです。

ティーペアリングとは、お料理やスィーツにあわせてテイスティングされた数種類のお茶を、ワイングラスで楽しむ文化。ワインペアリングのお茶版といったところでしょうか。

 

昨年あたりから、『BRUTUS (ブルータス) 』2017年 3月15日号 や『dancyu(ダンチュウ)』2017年5月号『ELLE gourmet(エル・グルメ)』2017年7月号をはじめ、新しい食文化やカルチャーを伝える多くの媒体で特集が組まれています。

 BRUTUS(ブルータス) No.842
Fujisan.co.jpより

お酒が弱い筆者は個人的にもティーペアリングに興味がありました。折しも静岡県伊東市にある高級旅館『ABBA RESORTS IZU-坐漁荘』で、初の取り組みとなる「ティーペアリング&フレンチディナー」が行われるとのこと。早速、泊まり込みで取材に伺いました。

 

浮山温泉郷 ABBA RESORTS IZU-坐漁荘とは

『ABBA RESORTS IZU-坐漁荘』は、伊豆高原駅から下田方向へ約2km向かった静岡県伊東市の南部に位置します。

 出典 http://zagyosoh.com/

 

国立公園内にある約5000坪の敷地には「東館」「南館」「離れ」そして露天風呂付やプール付きの戸建て「ヴィラタイプ」の宿泊施設があり、宿泊客は洗練されたプライベート空間で豊かな自然と温泉を満喫できます。

 出典 http://zagyosoh.com/rooms/villa/roten.php

 

敷地内には、半個室の和食処「さくら」、フレンチレストラン「やまもも」、鉄板焼き(6席)と、BARを備え、それぞれの席で伊豆ならではの旬の山海の幸を味わえます。

 ※宿泊したのは本館・南館の「白菫」(シロスミレ)。

 

部屋には露店岩風呂がついており、到着してすぐに温泉三昧に。「ティーペアリング&フレンチディナー」は翌日なので、本日はゆっくり温泉&ディナーを楽しむことにしました。

 

 

坐漁荘には庭園露天風呂が2カ所、貸切り露天風呂が2カ所、大浴場が2カ所。そのどれもがデザイン性に優れたお風呂で、眺めているだけでも癒されます。

 

日本文化を継承する坐漁荘

創業50年を超す『ABBA RESORTS IZU-坐漁荘』では、取り組みの一つに“日本文化の継承”を掲げており、「ティーペアリング&フレンチディナー」もその一環です。宿泊客にむけ、さまざまな日本文化を体験する会を開催しているそうで「ぜひ、いかがですか?」と坐漁荘の方に誘われ、翌朝、「におい袋つくり」と「刀鑑賞」をさせていただくことにしました。

 

「におい袋つくり体験」では、ビャクダンやケイヒ、チョウジなどをはじめとする9種類のお香の中から、好きな香りを3種類選び混ぜて作ります。

 

 

ビャクダンの落ち着く香りとツガのスパイスが効いた香り、ダイウイキョウの優しい香りをブレンドさせ、自分好みのオリジナルにおい袋が完成しました。

 

刀鑑賞では、刀の手入れをする様子を拝見。なんと! 特別に日本刀を持たせていただけることに。初めて持つ日本刀はズッシリとした重さがあり、刀を滑らせると、光の当たった波紋が綺麗に浮き上がります。刃物であるはずの刀に、美しさを感じる不思議な体験でした。

 ※日本刀の手入れをする、ゲストリレーションズの原田さん。その姿は真剣そのもの。周りには厳かな雰囲気が漂い時を忘れてしまうほど。

 

第一回清坐奏楽会が始まる

そうこうしているうちにお昼に。いよいよ12時から「日本茶を使ったティーペアリング&フレンチとの出会い」『清坐奏楽会』がフレンチレストラン「やまもも」にて始まります。

 

碾茶でマリネした富士山サーモンと西伊豆産鰹の塩辛クッキー×ほうじ茶+葡萄酢のスパーリング

食前酒にあたるのがスパークリングティー。塩辛クッキーに、ほどよい酸味が良く合い美味しい!アルコールを飲んでいないはずなのに酔った気分に♥ 胃が刺激されて食欲が増します。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。