ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナムで大流行中の「ヨーグルトコーヒー」は先入観を打ち砕かれるうまさ【ブームの予感】

f:id:Meshi2_Writer:20170605204530j:plain

マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。実は、みなさんに試して欲しい飲みものがあるんです。

それは、ヨーグルトコーヒー(上の写真)。

もうこの時点で、

「え~っ!? ヨーグルトとコーヒーなんて、合うわけないじゃん!!」

って思った、または、口にした読者が全体の約70%ほどは存在すると思うのですが、やホント、ダマされたと思って、一度、試してみてほしいんですよ。

めっちゃウマなんで。

「そう、おいしいんですよ~。ヨーグルトに対する先入観を打ち砕かれる飲み物ですね」

この、意外なおいしさに驚かされるヨーグルトコーヒーについて教えてくれたのは、江古田のベトナム料理店「ECODA HEM」の店主、足立由美子さんです。

前回、つくね串やレバー串など焼き鳥で作る「自由すぎるバインミー」について語ってくれた足立さん。いつもベトナム料理のエッセンスから、自由な発想や、独創的な食材の組み合わせを見つけてきて教えてくれるんですよね。

「ヨーグルトコーヒー、ベトナムでずーっと大流行しています」(足立さん)

意外なうまさ、っていうだけじゃなく、ずーっと大流行してるんスか!

「ヨーグルトコーヒーの発祥は北の古都、ハノイです。スアチュア・ダインダー・ヴォイ・カフェという名で、10年前くらいからベトナムの人たちに親しまれてきたんですが、最近『コンカフェ』と呼ばれる、新しいスタイルのおしゃれカフェの定番メニューとしてもブレイクしています」(足立さん)

f:id:Meshi2_Writer:20170710124742j:plain

上の写真、左が「スアチュア・ダインダー・ヴォイ・カフェ」として長らく親しまれてきたヨーグルトコーヒー。右が「コンカフェ」で定番メニューとなった、新しいスタイルのヨーグルトコーヒー。

f:id:Meshi2_Writer:20170710124837j:plain

コンカフェ=共産カフェの意味で、ポップ・コミュニズムみたいなお店のデザインが特徴的です。

「コンカフェ」はハノイの名物で、ここ最近はホーチミンにも数軒がオープン。トレンドになりつつあるスタイルなんだとか。

ベトナムではヨーグルトを使うデザートのブームが続いていて、ベトナム語で「スアチュア・ネップカム」と呼ばれる赤米とヨーグルトのデザートなども流行っており、そんな流れでヨーグルトコーヒーも人気を博しているんだそう。

なるほど~。

ヨーグルトコーヒーの味は!?

では、さっそく足立さんにヨーグルトコーヒーを作ってもらいましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170714103616g:plain

ん!? まずは袋の中に氷を入れ、おもむろにたたき始めた足立さん。

f:id:Meshi2_Writer:20170605205152j:plain

袋から出してみると見事にクラッシュされた氷が。

「ぶっかき氷(クラッシュドアイス)を作ってるんです」(足立さん)

ほー! こんな風にブロックアイスを袋に入れて、たたいて作るんですね。

「これ、ベトナムのカフェで使われている、ぶっかき氷づくり専用の袋なんですよ」

専用の袋があるんですか!

足立さんによれば、ヨーグルトコーヒーのベトナム語名称である「スアチュア・ダインダー・ヴォイ・カフェ」は、 スアチュア = ヨーグルト ダインダー = ぶっかき氷 ヴォイ
= with カフェ
= コーヒー

の意味だそう。

つまり、ヨーグルトコーヒーにおいて、ぶっかき氷はヨーグルトやコーヒーと同等に重要な要素。ブロックアイスじゃダメで、この細かいぶっかき氷だからこそ雰囲気が出るのだとか。こういう細かいディテールにこだわることで、料理も飲みものも、格段においしくなるんですよねー。

さて次に、

f:id:Meshi2_Writer:20170605205308j:plain

砂糖を混ぜたヨーグルト、練乳をグラスに。

f:id:Meshi2_Writer:20170605205335j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。