ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大島崚・鵜飼主水・船岡咲が感じた世界観は? 舞台『「蒼海のティーダ~Truth~」~The Five God Chronicle・琉球編~』が描いた平和

2017年8月9日(水)東京・CBGKシブゲキ!!にて、ASSH 十五周年記念興行・第二弾『「蒼海のティーダ~Truth~」~The Five God Chronicle・琉球編~』ゲネプロ公演が開催された。本公演は、3年前に上演された『蒼海のティーダ』の再演作で、オッドエンタテインメントの手によって装いも新たに生まれ変わった。出演キャストは、大島崚、鵜飼主水、栗生みな、船岡咲など、総勢29名(アンサンブル含む)が物語を彩る。3年の時を経て生まれ変わった本作が、どのような舞台として観客の元へ届けられるのか。大島崚、鵜飼主水、船岡咲のコメントと併せてゲネプロの模様をお届けしたい。

決して交わってはいけない人魚と人間の出会い

深海と地上の垣根を超えた繋がり

ASSH 十五周年記念興行の第二弾として、オッドエンタテインメントの手によって再演が決定した『蒼海のティーダ』。人魚の”ザン”とリューサー王国の王子・”ティーダ”が出会い、互いに恋に落ちるところから全ては始まる。まずは、ザン役の栗生みなとティーダ役の大島崚に注目してほしい。人間から忌み嫌われる人魚のザンを人間と変わらないと信じ切るティーダ。お互いに引かれ合う気持ちを、情感あふれる表情で観客へ届けてくれる演技は圧巻だ。

舞台の演出をフル活用して、蒼い海を最大限に表現

リアルを追求した場面転換に驚嘆

本作は、観客が世界観を実感できるために構成された演出も見どころの1つ。深海の人魚たちの場景、海面上で航海する人間たちの様子など、目の前で繰り広げる場面の数々に違和感を覚えない。舞台での細部にまでこだわった演出には、キャストだけでなく制作メンバーの意気込みも感じることができる。舞台を陰ながら支えるスタッフたちとキャストたちが見せる合わせ技を目の当たりにできる瞬間だ。

実戦さながらのアクションシーンで観客たちを圧倒

殺伐とした戦闘シーンでのアクションは、オッドエンタテインメントの舞台ならではの醍醐味。キャストの気概が舞台から肌にヒシヒシと伝わってくる。剣さばきだけでなく、実際にぶつかり合うお互いの武器の衝撃。住む世界や立場が違う人間同士が戦い、人間の欲望や守るべき目的など、争いのなかにもそれぞれの意味が見て取れる。対立することは時として避けられないことかもしれないが、血を流すことに何の意味があるのか、考えてみると深い内容に結び付くかもしれない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。