ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自由研究も遊びも室内で!子どもと行きたい夏休みイベント2017【東海】

チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-

夏休みに入り暇している子どもも多いのでは?

でも宿題や勉強はやらなきゃいけない…。

それなら涼しい室内で遊びも勉強も出来ちゃうイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

夏休みは子ども向けのイベントが各地で行われ、勉強にも役立つ内容のものもちらほら。

涼しい室内ならパパママも楽に付き添えますよね。

アートや動物、歴史など、家族みんなで楽しめるので家族の会話も広がりそう!

夏ならではのお化け屋敷もお忘れなく★

記事配信:じゃらんニュース

心おどる!かざす未来のアート ARワンダーランド【愛知県名古屋市】

かざすと何かが起こる!?「あっ」と驚く体験を。

心おどる!かざす未来のアート ARワンダーランド

キャラクターが本から飛び立つ「リトル・プリンス」

開催中~9/3(日)

AR(拡張現実)技術を使い、もうひとつの「現実」を見ることをテーマとした体験型の展示会。

貸出される携帯端末を使って作品を鑑賞できます。

開催時間●10時~18時(入場~17時30分)

開催場所●テレピアホール 心おどる!かざす未来のアート ARワンダーランド

TEL/052-954-1107(東海テレビ放送事業部)

住所/名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル2階

定休日/会期中なし

料金/当日入場料一般1300円、小・中学生700円ほか

アクセス/地下鉄栄駅より徒歩5分

「心おどる!かざす未来のアート ARワンダーランド」の詳細はこちら

栄・矢場町お化け屋敷2017 舌切りレストラン【愛知県名古屋市】

怖い…だけど面白い!暑さも吹き飛ぶ恐怖体験を。

栄・矢場町お化け屋敷2017 舌切りレストラン

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が監修

開催中~9/18(祝)

今年の舞台は廃墟と化したレストラン。

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が監修した独自のストーリー展開は怖い、けど面白い。

「ストーリー×ミッション」の新感覚お化け屋敷に、ゾッとしつつもはまってしまうかも!?

開催時間●8/31までの平日:13時~20時、9月の平日:16時~20時、土日祝・8/14・15:11時~20時

開催場所●若宮大通公園特設会場(矢場町交差点高架下) 栄・矢場町お化け屋敷2017 舌切りレストラン

TEL/052-915-8811 (お化け屋敷事務局)

住所/名古屋市中区

定休日/期間中なし

料金/入場料1000円

アクセス/地下鉄矢場町駅より徒歩5分

※未就学児入場不可

「栄・矢場町お化け屋敷2017 舌切りレストラン」の詳細はこちら

誕生50周年記念 リカちゃん展【愛知県名古屋市】

総展示数700点以上!限定グッズの販売も。

誕生50周年記念 リカちゃん展

お気に入りのリカちゃんを探してみよう♪(c)TOMY

8/9(水)~9/4(月)

当時の流行ファッションと共に、約580体のリカちゃん人形を紹介。

テーマは「Licca meets Licca」。

リカちゃんやその家族、友達を当時の流行ファッションとともに紹介しています。

いろいろな時代にタイムスリップでき、当時の流行や歴史を感じながら親子で会話してみては?

50周年を祝い、有名ブランドや著名人50組とコラボした人形も展示されます。

開催時間●10時~19時30分(入場~19時)、9/4:~18時(入場~17時30分)

開催場所●マツザカヤホール(松坂屋名古屋店 南館8階) 誕生50周年記念 リカちゃん展

TEL/052-954-1107(東海テレビ放送事業部、10時~18時)

住所/名古屋市中区栄3-16-1

定休日/会期中なし

料金/当日券一般1200円、小学生以下600円、3歳以下無料ほか

アクセス/地下鉄矢場町駅直結

「誕生50周年記念 リカちゃん展」の詳細はこちら

夏季企画展「ミッフィーと絵本のひみつ」【岐阜県多治見市】

幅広い世代に愛され続けるブルーナ作品の魅力に迫る。

夏季企画展「ミッフィーと絵本のひみつ

8/12・9/3は14時より作品解説も行う (c)Mercis bv

開催中~9/24(日)

オランダの絵本作家、ディック・ブルーナの魅力を伝える展覧会。

関連イベント・グッズ販売のほか、ぬりえコーナーなどもあります。

常設展では大正・昭和・平成の懐かしいこども茶碗と資料なども展示。

絵付け工房では自分だけの食器作りができますよ。

開催時間●10時~17時

開催場所●こども陶器博物館 夏季企画展「ミッフィーと絵本のひみつ」

TEL/0572-27-8038

住所/多治見市旭ヶ丘10-6-67

定休日/月・火(8/31までは無休、祝日は営業)

料金/中学生以上500円、小学生以下無料

アクセス/電車:JR多治見駅より桜ヶ丘行きバス15分、美濃焼卸団地前より徒歩5分

車:中央道多治見ICより5分

駐車場/30台

「夏季企画展「ミッフィーと絵本のひみつ」」の詳細はこちら

呪われた安土城 ~業火の苦しみ~【三重県伊勢市】

絶叫必至!この恐ろしさに貴方はどこまで耐えられる?

呪われた安土城 ~業火の苦しみ~
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。