ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【メシのはてな】納豆専門家に聞く、「納豆」を一番最初に食べたのはいったい誰?

f:id:Meshi2_Writer:20170614145047j:plain

三大欲求のひとつである、「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか?

本連載「メシのはてな」は、普段当たり前のように食べている“メシ”の疑問を解き明かし、そこに隠された文化や歴史、よりおいしく楽しむための作法を識者に教えてもらう企画。

今回は日本を代表する発酵食品、「納豆」に関する疑問を解決します。

f:id:Meshi2_Writer:20170614145034j:plain

フリー素材モデルの大川竜弥です。

あなたは「納豆」が好きですか?

普段、どれくらいのペースで「納豆」を食べていますか?

f:id:Meshi2_Writer:20170614145038j:plain

私の趣味は、「筋トレ」。

「納豆」には筋肥大に役立つ栄養素が多く含まれているため、最低でも1日1パックは食べるようにしています。

f:id:Meshi2_Writer:20170614145043j:plain

しかし、ここで素朴な疑問が……。「納豆」が体にいいことはわかっているのですが、独特な風味のするこの「納豆」を、誰が一番最初に食べようと思ったのでしょうか?

他にも、腐っているのになぜ賞味期限があるのか、なぜ関西の人が「納豆」を食べないのかなど、考えれば考えるほど、「納豆」についての疑問は深まるばかり……。

これらの疑問を解決すれば、より「納豆」がおいしく感じられるかもしれない!

そう思い、茨城県つくば市にある筑波大学までやってきました。

「腐敗」と「発酵」は別物。「納豆」は腐っていない

f:id:Meshi2_Writer:20170614144939j:plain

今回お話をうかがうのは、筑波大学人文社会系教授であり、『納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらし』の著者・石塚修(いしづかおさむ)先生です。

石塚修(いしづかおさむ)

1961年栃木県生まれ。1986年筑波大学大学院修了。博士(学術)。筑波大学人文社会系教授。2005年第2回納豆研究奨励金奨励研究準入選。2014年第25回茶道文化学術奨励賞受賞。主な著書に『西鶴の文芸と茶の湯』(2014年、思文閣出版)など。

早速ですが先生、昔の人はなぜ腐った豆である納豆を食べようと思ったのでしょうか? その前に大川さん、そもそも「納豆」は腐っていないんですよ。 えっ!? 「腐敗」と「発酵」は別物。「納豆」はキムチやチーズと同じ、発酵食品です。ちなみに腐敗と発酵の違いはわかりますか? 食べられるか、食べられないか、というところでしょうか……。
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。