ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃線サイクリングに食べ歩き♪飛騨高山周辺のおすすめデートスポット【岐阜】

1707_kanto_area2_013-670

北陸新幹線が開通し、首都圏からもアクセスがグーンとよくなり、ますます人気が高まっている岐阜エリア。山絶景に地元グルメ、もちろん温泉もスタンバイ。

今回は、飛騨高山周辺の行っておきたい人気スポットを周りながらズンズン南下。刻々と変わる夏の景色を、目に心に刻んでいく、ふたりだけの思い出旅へ、さあ出かけよう!

記事配信:じゃらんニュース

レールマウンテンバイク Gattan Go!!

自転車でレールを走る!?爽快!新感覚サイクリング。

レールマウンテンバイク Gattan Go!!電動機付きで上りもラクラク。山の風を受けながら、線路から神岡の街並みを一望!

旧神岡鉄道の廃線を電動アシスト自転車で走る、往復5.8km。線路の継ぎ目でガッタンゴットンと音を感じるのが特徴で、トンネルをくぐったり、高架を走ったりとスリル満点。 レールマウンテンバイク Gattan Go!!(ガッタン ゴー)

TEL/090-7020-5852

住所/岐阜県飛騨市神岡町東雲1327-2

営業時間/平日10時~最終受付14時30分、土日祝9時~最終受付16時30分

定休日/水(11月26日まで営業)

料金/大人2人で3000円

アクセス/北陸道富山ICより1時間

駐車場/50台 ※事前予約優先制

「レールマウンテンバイク Gattan Go!!」の詳細はこちら

いちすけ

パリっとふっくら~炭火で焼いた旬の岩魚。

いちすけ岩魚塩焼1匹500円。岩魚と野菜の天ぷらがのった岩魚天丼(1000円)も人気だ 道の駅奥飛騨温泉郷上宝内の食堂。人気は岩魚の串焼き。じっくり炭火で焼き上げ、皮はパリパリで中はふっくら。岩魚の刺身(700円)や岩魚塩焼定食(1200円)とどれもお手頃。いちすけ道の駅内にあるので奥飛騨本わさびなど、地元の土産品も買える

いちすけ

TEL/0578-89-2697

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11-1 道の駅奥飛騨温泉郷上宝

営業時間/10時~17時

定休日/水

アクセス/中部縦貫道高山ICより1時間20分

駐車場/50台

「いちすけ」の詳細はこちら

新穂高ロープウェイ

眼前の絶景にため息。アルピニスト気分で雲上の世界へ。

新保高ロープウェイ2階建ての第2ロープウェイで山頂へ。槍ヶ岳や焼岳が迫ってくる。青空と深緑のコントラストも見事 日本唯一の2階建てゴンドラで、標高2156mの西穂高駅まで駆け上る。目の前に迫る北アルプスの山々に思わず感嘆の声が!途中、鍋平高原駅周辺には自然散策路があり、夏の高山植物にも会える。新保高ロープウェイ山頂展望台。夏場でも冷涼な風が吹く。360度の大パノラマは圧巻!

新穂高ロープウェイ

TEL/0578-89-2252

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高

営業時間/8時30分~16時(季節により変動あり)

定休日/なし(荒天時や点検整備による運休あり)

料金/乗車料大人往復2900円、小学生1450円

アクセス/中部縦貫道高山ICより1時間10分

駐車場/1000台(600円)

「新穂高ロープウェイ」の詳細はこちら

ひらゆの森

温泉のテーマパーク!?露天風呂で湯浴み三昧。

ひらゆの森露天風呂のハシゴもできる。湯船ごとで濁り方が違うのも天然温泉ならではの魅力だ

1万5000坪もの広大な敷地に、浴槽が男女合わせて16!しかもすべての浴槽に天然温泉100%かけ流しという贅沢さ。緑あふれる森の中で少し白濁した湯に浸かれば、ふーっと大きく深呼吸したくなる。 ひらゆの森

TEL/0578-89-3338

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1

営業時間/10時~21時

定休日/4、9、12月にメンテナンス休業有

料金/入浴料大人500円、3歳~小学生400円

アクセス/中部縦貫道高山ICより45分

駐車場/100台

「ひらゆの森」の詳細はこちら

咲くやこの花 こって牛

トロリと溶けちゃう!行列必至の飛騨牛にぎり。

咲くやこの花 こって牛竹炭塩としょうが醤油のにぎりと軍艦の3種盛りで900円。行列が目印となるほどの人気店だ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy