ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶景美術館・無人島…一度は行ってみたい!おすすめデートスポット【神奈川】

絶景美術館・無人島…一度は行ってみたい!おすすめデートスポット【神奈川】 無人島・猿島

いよいよ待ちに待った夏本番!そこで今回は、夏のデートにもぴったりな、一度は行ってみたい、神奈川のおすすめデートスポットをご紹介致します。

東京湾唯一の無人島で楽しむBBQに、ユニークな建築と眺望が自慢の絶景美術館、マイナス3度以下の真夏のスノーパーク…。ぜひ夏のおでかけを満喫してくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

無人島・猿島

東京湾唯一の無人島!手ぶらBBQに要塞エリア散策も。

無人島・猿島フィッシングや磯あそびのスポット多数 無人島・猿島対岸に横須賀の街並みを眺めながらBBQ!

これぞ夏!といえば海を見ながらのBBQ!猿島は東京湾に浮かぶ無人島。気軽に楽しめるBBQやビーチからわずか5分で歴史遺産エリアも散策できる。

もっと詳しく見る 無人島・猿島

TEL/046-825-7144(トライアングル)、BBQ専用ダイヤル0570-09-0014

住所/神奈川県横須賀市猿島1

営業時間/8時30分~16時30分(3月~11月)

定休日/なし

料金/猿島までの往復乗船料:大人(中学生以上、大人1名につき小学生未満1名無料)1300円、小学生650円、入園料:高校生以上200円、小学生100円、レンタル機材:BBQセット3500円他、食材:住よしレギュラーセット1780円(1人前)他

アクセス/電車:京浜急行横須賀中央駅より徒歩15分、三笠桟橋より船で10分

車:横浜横須賀道路横須賀ICより本町山中有料道路経由で10分、三笠桟橋より船で10分

駐車場/三笠公園駐車場:45台(1時間まで410円、以後30分毎に210円加算)

「無人島・猿島」の詳細はこちら

横須賀美術館

絶景美術館とも称されるユニークな建築と眺望が自慢!

横須賀美術館三浦半島の東端、観音崎の地に建つ 横須賀美術館自家製ピッツアランチセット(サラダ・ドリンク付き)1400円。モッチリ生地が美味

多彩な企画展と日本の近現代美術約5000点を所蔵。日髙良実シェフが総料理長を務める、敷地内の「アクアマーレ」は、眼前に海が広がる人気イタリアンレストラン。 横須賀美術館

TEL/046-845-1211

住所/神奈川県横須賀市鴨居4-1

営業時間/10時~18時

定休日/第1月(祝日の場合開館)

料金/観覧料・常設展:一般310円、高校生・大学生・65歳以上210円、中学生以下無料、企画展:展覧会によって異なる

アクセス/電車:京浜急行線馬堀海岸駅より観音崎行きバス10分、観音崎京急ホテル・横須賀美術館前より徒歩2分

車:横浜横須賀道路馬堀海岸ICより5分

駐車場/120台(普通車:1時間まで310円、8時~22時)

「横須賀美術館」の詳細はこちら

江の島灯籠2017

江の島の夕涼み、和情緒ただよう大小の灯籠。

江の島灯籠2017約1000基の灯籠によるライトアップ

江の島島内各所や江の島サムエル・コッキング苑に立ち並ぶ灯籠は、人々をどこか懐かしい雰囲気へと誘う。今年の夏の夜は、幻想的な散歩を楽しんでみては。 江の島灯籠2017

TEL/0466-24-2715(江ノ島電鉄)

住所/江の島島内各所、江の島サムエル・コッキング苑:神奈川県藤沢市江の島2-3

営業時間/8月1日(火)~31日(木)開催。点灯時間:18時~20時30分。江の島サムエル・コッキング苑営業時間:9時~20時(最終入場19時30分)

定休日/雨天・荒天時中止の場合あり

料金/入苑料:江の島サムエル・コッキング苑大人(中学生以上)200円、小人(小学生)100円

アクセス/電車:(共通)小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩20分

車:第三京浜保土ヶ谷ICより横浜新道、R1、R467経由で50分

駐車場/藤沢市観光協会江の島駐車場利用の場合:78台(1時間400円)

「江の島灯籠2017」の詳細はこちら

京急油壺マリンパーク

迫力の360度パノラマ水槽。犬好きイルカに会いに行こう!

京急油壺マリンパーク全長3mのサメ「シロワニ」 京急油壺マリンパーク愛犬と犬好きイルカのツーショットも♪
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。