ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽療法の基礎知識|認知症への効果、進め方、体験談まとめ

v

音楽療法は、認知症のリハビリテーションとして多くの介護現場で活用されています。昨今はテレビや新聞等のメディアで取り上げられることも増え、日本での認知度も高まってきました。

しかし、まだ音楽療法とはどんなものなのか、漠然としている方も多いのではないでしょうか。私は、音楽療法士として介護施設で働く中で、音楽療法の可能性を日々感じています。今回は、音楽療法の定義や、どんな人に有効なのか、具体的に何をするのか、認知症への効果など、経験を踏まえて解説します。

音楽療法って何?

日本音楽療法学会は、音楽療法について以下のように定義しています。

音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容に向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること
※日本音楽療法学会 公式サイト(http://www.jmta.jp/)より

米国では、「認定されたカリキュラムを修了した認定された音楽療法士による臨床的かつエビデンスに基づいた治療関係の中で、個人の目的を達成するために音楽を使用すること」と定義されています。

音楽療法は、スクールのように音楽を学ぶことが目的ではありません。また、レクリエーションのように楽しむことが目的でもありません。音楽療法の目指すところは、音楽をきっかけに対象者が抱えている困った問題の解消を促したり、よりよい生活を送れるようにサポートすることです。

音楽療法の対象

音楽療法を受ける対象者は、高齢者だけではありません。赤ちゃんから高齢者まで様々な年代の方が対象になります。例えば、次のような方です。
発達に何らかの障害を持っている方
精神、心理的に問題を抱えている方
癌や神経難病など痛みを伴う進行性の病気を持っている方
認知症を患う高齢者
不登校、引きこもりの児童や生徒

対象となる方が持つ障害や置かれている状況はさまざまです。「この方にはどんなアプローチが効果的なんだろう?」「どんな音楽療法が、その方のニーズに結びつくのか」という点を、日々悩みながら考えながら取り組んでいます。

音楽療法の歴史

音楽療法の歴史は古く、18世紀から主に欧米を中心に発展してきました。特にアメリカで音楽療法が発展したのは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の頃。戦争によって軍人が受けた身体的な障害やトラウマをやわらげるのに音楽療法の効果が注目されました。

日本では、1995年にバイオミュージック学会と臨床音楽療法協会が合体し、全日本音楽療法連盟が設立されています。その後、全日本音楽療法連盟が発展し、2001年に日本音楽療法学会となりました。現在、日本音楽療法学会は約5500名の会員が所属しています。(日本音楽療法学会より)そして、日本音楽療法学会認定音楽療法士は、3053名となっています。(2017年3月11日)

具体的に何をするの?

音や音楽を活用し、音楽療法士と対象となる方の間で音楽活動が行われます。それぞれの目的や目標、一緒に受ける人数によって活動内容は異なり、対象者にあった方法が用いられます。

歌をうたう、楽器を演奏する、音楽を鑑賞する、歌詞のある歌を歌う、患者さんの呼吸に合わせてハミングのように歌う、即興演奏をする、洗濯板やお鍋などの日用品を楽器のように使う、曲をつくる、懐かしい歌謡曲、クラシック、ポップス、フォーク、唱歌、童謡など

先日の世界大会では、「即興演奏こそが音楽療法の本質だ」といった内容の講演もありました。「この曲だから、こんな効果がある」と決まっているわけではありません。その方の感情、気分、状態に合わせて使用される音や音楽は違うのです。そして、既成の曲を演奏すること、聞くことが大切なのではないのです。

目的を達成するために音楽を活用するので、音楽療法の効果は、音楽療法士と対象となる方の間で音や音楽を媒体としたやりとりが形成され、はじめて発揮されます。

音楽療法が認知症の方にとってなぜ効果的なのか?

誰しも、音楽を聴いて安心したり、感動したり、癒されたりした経験があると思います。ここではもう少し掘り下げて、なぜ認知症の方に音楽療法が効果的なのかお話します。

無意識に感じているリズム

音楽は、リズム・メロディー・ハーモニーの3つの要素から成り立っています。そのうちの一つであるリズムですが、人間の体に深く関わっているのです!それは、心拍や脈拍です。音楽で交感神経が刺激されると、心拍数があがるため、演奏の速度も速くなります。つまり、身体に伝わるリズムは無意識に表現に現れるのです。
心臓

認知症で認知機能が低下していても、音楽を通して自分の体の拍子を無意識に感じ取り、太鼓をたたいたり、楽器を鳴らすことができます。民謡や歌謡曲などを一緒に演奏することで、安心できる音楽、なじみのある音楽に結びつき、自分の発した音やリズムが一体感を生み出します。その経験を共有することが、音楽療法の効果に結びつくのです。

昔の記憶(長期記憶)に働きかける

認知症を持つと、少し前にご飯を食べたことやトイレに行ったことなど、ちょっと前のことを忘れてしまうことがあります。それに対して、昔の記憶は超記憶として残っています。ちょっと前の記憶を短期記憶と呼び、昔の記憶を長期記憶と呼ぶことは、皆さま、耳にしたことがあるかもしれません。
種別
短期記憶
長期記憶
症状
短期記憶
長期記憶
特徴
記憶が残りにくい
記憶が残っている

1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。