体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ULTRA-VYBEが新レーベル「Ultrax」設立、第1弾リリースはI-DeA、輪入道、エマーソン北村

ULTRA-VYBEが新レーベル「Ultrax」設立、第1弾リリースはI-DeA、輪入道、エマーソン北村

創業30年を超えるレコード会社 ウルトラ・ヴァイヴが、新レーベルUltrax(ウルトラックス)をスタートさせた。このレーベルでは、コアな音楽ファンをメイン・ターゲットにした作品リリースを行っていく。

第1弾リリース作品としてラインナップされたのは、日本を代表するヒップホップ・プロデューサーI-DeAの新アルバム「SWEET HELL」、破竹の勢いで快進するラッパー輪入道の新曲「コンクリート・ブルース feat. 伊集院幸希」、そして音楽ファンにはお馴染みベテラン・ミュージシャン、エマーソン北村の新曲「窓から / 雨の坂の足許」。

今後も魅力的なラインナップを取り揃えているとのこと。

ウルトラ・ヴァイヴは1986年に創業。現在進行形のHip HopやIndies-Rock、Club/Danceといったアーティストの作品を数多くリリースすることで知られていたが、近年では洋楽JazzやSoul、シティ・ポップの名門レーベルを丸ごと復刻する「カタログ・リイシュー」の仕事でも国内外から高い評価を得ている。

関連リンク

ウルトラヴァイヴhttp://www.ultra-vybe.co.jp/ultrax/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。