ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察用語「げんじょう」と「げんば」の違いとは

警察用語「げんじょう」と「げんば」の違いとは

誰でも一度は憧れる刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージの大半は、ドラマによって作られたものであることが多いのも事実です。それもそのはず、多くの人は、実在する刑事に接する機会はそうそうないでしょう。ましてや警視庁捜査一課となれば、フィクションの中でしかお目にかかれません。

警察用語のげんじょうのニュアンス

そこで、刑事ドラマの監修も行っている元警視庁捜査一課刑事の飯田裕久氏に、リアルな刑事のお仕事を聞いてみました。飯田氏は「基本的には警察ドラマは3割リアルなら視聴者は十分にリアルと感じてくれる」と話します。

あまりリアルさにこだわり過ぎても物語として成り立たなくなるからです。ただし、明らかなに違法な捜査をしている描写があったり、実際の現場では絶対に使わないような警察用語を使っていればNGを出したりはします。

例えば「ハジキ」とか「ガイシャ」です。この2つはもう完全にドラマ用語なので、その言葉を見つけた時には「ドラマが安っぽくなりますよ」と指摘してます。あとは警察用語のニュアンスで「げんじょう」と「げんば」などの使い分けです。

マルが付く警察用語は元は無線用語

いわゆる現在進行形、つまり事件が起きたばっかりだったり、捜査中の現場は「げんじょう」といいます。しかし、事件が解決して過去のものとなった事件の現場なら「げんじょう」ではなく「げんば」となるのです。

そもそも刑事が警察用語を使うのは、業務の内容的にあまり他人に知られてはいけないことも話すため。しかし、そうした警察用語の大半は無線用語から来ていると思います。

昔の警察無線は傍受が可能だったので、聞かれても意味を分かりにくくする必要があったのです。マルヒ(被害者)、マルモク(目撃者)、マルタイ(捜査対象)など「マル」が付く警察用語は元々は無線用語といえます。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。