ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花火に夏祭り!2017年8月開催の注目イベント30【関東・東北】

第40回盛岡さんさ踊り南部藩政時代から伝承されている「伝統さんさ」

■開催期間/8月1日(火)~4日(金)

■開催時間/18時~21時

■開催場所/中央通会場(県庁前~中央通2丁目)、盛岡市民文化ホール(マリオス)他

ミスさんさ踊りや太鼓連、一般団体、伝統さんさ保存会が踊りパレードに参加。一般参加もできる。 第40回盛岡さんさ踊り

TEL/019-624-5880(盛岡さんさ踊り実行委員会)

住所/岩手県盛岡市

料金/観覧無料、有料観覧席2500円は要問合せ

アクセス/東北道盛岡ICより20分

駐車場/800台(普通車のみ) ※12時~23時

「第40回盛岡さんさ踊り」の詳細はこちら

11.山形花笠まつり【山形県山形市】

勇ましい掛け声とダイナミックな踊りでメインストリートに笠の花が咲きほこる。

山形花笠まつり花笠には紅花があしらわれている(画像提供:山形県花笠協議会) 山形花笠まつり華やかな踊り手に彩られるメインストリート

■開催期間/8月5日(土)~7日(月)

■開催時間/18時~21時30分頃

■開催場所/山形市中心市街地(山形市十日町・本町七日町通り~文翔館)

山車を先頭に、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした1万人以上の踊り手が群舞する。 山形花笠まつり

TEL/023-642-8753(山形県花笠協議会事務局)

住所/山形県山形市

料金/観賞無料

アクセス/電車:JR山形駅東口より徒歩10分

車:山形道山形蔵王ICより15分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「山形花笠まつり」の詳細はこちら

12.青森ねぶた祭【青森県青森市】

迫力の巨大ねぶたが夏の夜闇を彩る日本を代表する歴史ある火祭り。

青森ねぶた祭幅約9m、高さ5mもある巨大ねぶた 青森ねぶた祭「ラッセラー」の掛け声で踊るハネト達

■開催期間/8月2日(水)~7日(月)

■開催時間/8月2日~8月6日:19時10分~21時、8月7日:13時~15時(花火大会とねぶた海上運行は19時15分~21時頃)

■開催場所/青森市中心部

大型ねぶたおよそ二十台が市内の目抜き通りを巡行。ねぶたの前で踊るハネト達が祭りを更に盛上げる。 青森ねぶた祭

TEL/017-723-7211(青森観光コンベンション協会)

住所/青森県青森市

料金/観賞無料(有料観覧席は6月下旬より販売予定)

アクセス/電車:JR青森駅より徒歩5~25分

車:青森道青森中央ICより15分

駐車場/500台(1日500円)

「青森ねぶた祭」の詳細はこちら

13.白瀑神社例大祭「みこしの滝浴び」【秋田県八峰町】

神輿が滝に入る全国でも珍しい祭り。

白瀑神社例大祭「みこしの滝浴び」滝壺に入る「神輿の滝浴び」

■開催期間/8月1日(火)

■開催時間/神社出発町内練り歩き:7時30分~13時、滝浴び:13時5分頃

■開催場所/白瀑神社

白装束の男達が神輿を担いで町内を練歩き、最後は「白瀑」の滝壺へうねりながら入る勇壮な祭り。 白瀑神社例大祭「みこしの滝浴び」

TEL/0185-76-4100(八峰町観光協会)

住所/秋田県山本郡八峰町八森字館10

料金/観賞無料

アクセス/JR東八森駅より徒歩15分

駐車場/20台

「白瀑神社例大祭「みこしの滝浴び」」の詳細はこちら

14.能代役七夕【秋田県能代市】

城郭型灯籠が夜の町に浮かび上がる。

能代役七夕夜闇に力強く輝く灯籠

■開催期間/8月6日(日)・7日(月)

■開催時間/市内運行は8月6日:16時頃~22時頃、シャチ流しは8月7日:18時頃~21時頃

■開催場所/能代市内、米代川

流麗な笛や太鼓のお囃子を伴った城郭型灯籠が市内を巡行。灯籠を川で焼き流す「シャチ流し」で終わる。 能代役七夕

TEL/0185-89-2179(能代市観光振興課)

住所/秋田県能代市

料金/観賞無料

アクセス/JR能代駅より徒歩10~20分

駐車場/なし

「能代役七夕」の詳細はこちら

15.第64回阿佐谷七夕まつり【東京都杉並区】

世相を反映したハリボテ飾りが名物!

前のページ 1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。