体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知育にも◎!家族におすすめの遊園地・テーマパーク6選【関西中国】

ひらかたパーク

そろそろ子どもが夏休みを迎える季節。予定が決まってない方は必見★

そこで今回は、この夏、家族で行きたい遊園地&テーマパークをご紹介します。アトラクションにプールまで1日中楽しめる遊園地や、動物たちとふれあえる動物園など、期間限定のイベントも要チェック!

子どもの年齢別おすすめアトラクションも参考にして、夏休みは家族みんなでお出かけしちゃいましょう♪

記事配信:じゃらんニュース

1. ひらかたパーク【大阪府】

世代を超えて愛される遊園地!アトラクションにプールと遊び満載。

ひらかたパーク

「ひらパー」の愛称で親しまれ、開園100年以上!約40種のアトラクションに加え、夏は屋外プールが楽しい!さらに動物ともふれあえるオールマイティさが人気。

子どもの年齢別おすすめアトラクション

0~2歳におすすめ「ピピンとポピーのくるくるヘリコプター」

パイロット気分で園内を眺めて。

小型の飛行塔で、ヘリコプター型のライドが回転しながら上空へと舞い上がる。ライドの窓から園内を360度ぐるりと見渡せるのが気持ちいい♪速度もゆっくりめでほのぼのできるよ。

年齢制限:5歳以上(0~4歳は同伴者が必要)

料金:300円ピピンとポピーのくるくるヘリコプター

機体にひらパーのキャラクターが描かれていて可愛い

3~6歳におすすめ「絶叫の滝 バッシュ」

親子で叫ぶイベント感が魅力♪

丸太のライドに乗り込んでジャングル探検へ。ラストの急降下はスリル満点!落下ポイントで絶叫度を測定し、ゴールで順位が発表されるので、家族そろって「今日の1位」を目指して。

制限:小学生以上、身長120cm以上(3歳以上の未就学児・身長120cm未満は同伴者が必要)

料金:500円絶叫の滝 バッシュ

コース途中でパークを一望できる、隠れた絶景ライド

小学生におすすめ「木製コースター エルフ」

木製ならではの揺れは迫力満点。

木製コースター エルフは、激しい横揺れが特徴。コースの途中にある木組みのすき間を通り抜ける部分では、柱にぶつかりそうになる錯覚にハラハラドキドキする♪

身長制限:身長110cm以上

料金:700円 ※同伴者は15歳以上木製コースター エルフ

細かなアップダウンがあり、大人も十分に楽しめる

ランチにおすすめ!

超特大!マジカルラグーンカレー(2500円)

超特大!マジカルラグーンカレー(2500円)

山型のご飯を崩しながら味わおう。ほか、おこさまカレーセット(550円)もある

家族で分け合って食べたい特大サイズのビッグカレー。

パークのメインシンボルになっている「マジカルラグーン」をイメージしたカレー。3~5人分のボリュームなので、親子でシェアを。

●フードコート「ノームダイニング」内カレーショップ「マジカルラグーンカレー」

夏季限定イベント!

ノームのスプラッシュビート

ノームのスプラッシュビート

キャラクターたちの動きに合わせてキャノン砲から水を発射!(画像はイメージです)

音楽に合わせて水が飛び交うずぶ濡れ必至の涼やかなショー!

ひらかたパークのキャラクター「ノームのなかまたち」による真夏のウォーターショー。客席に水が飛び散るので必ず着替えを持って行こう。

期間:7月22日~9月3日の土日、8月11日~16日

時間:13時・15時

会場:マジカルラグーンステージ ひらかたパーク

TEL/072-844-3475

住所/枚方市枚方公園町1-1

営業時間/10時~閉園時間は時期・曜日により異なる

定休日/6/26~30、7/3~7・11、9月以降は公式HPを確認

料金/入園料中学生以上1400円、2歳以上800円

アクセス/電車:京阪電車枚方公園駅より徒歩3分

車:阪神守口線守口出入口より直進20分(大型連休は混雑するので公共交通機関利用を推奨)

駐車場/1300台(1日1500円)

おむつ台あり・授乳室あり・ベビーカーレンタル1台500円・飲食物の持ち込み可

「ひらかたパーク」の詳細はこちら

2. ゆうえんちモートピア(鈴鹿サーキット内)【三重県】

バイク運転体験はもちろん小さなキッズ用エリアも誕生。

ゆうえんちモートピア
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。