ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏バテ対策におすすめ!スタミナ満点ご当地グルメまとめ【中国四国】

大黒食堂のオロチ丼

暑~い日が続くこの季節は、夏バテぎみの方もいらっしゃいますよね。そんなあなたにオススメの旨すぎる!スタミナご当地グルメをご紹介いたします。すべて2000円以下でボリューム満点!食べればきっと夏バテも吹き飛ぶはず。オリジナルのソースが食欲をそそるご当地肉グルメ、食感がたのしいアレンジも多いホルモン料理、ご当地食材を使ったカレーや、なぜかやみつきになるピリ辛グルメ、思わず写真に撮りたくなるボリューム満点びっくりグルメなど…。スタミナグルメでパワーチャージをして、夏を楽しんでくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

味司 野村【岡山県岡山市】

3日間かけて作る、濃厚ソースがクセに。

デミカツ丼

角切りで食感を残したゆでキャベツが名脇役!

デミカツ丼900 円(ヒレ)

<提供時間>オールタイム

<予約>不可

\ここが旨い!/

3日間かけて作る濃厚なデミグラスソース、きめ細かな薄衣の柔らか豚カツ、岡山県産の朝日米が絶妙にマッチ。

「岡山デミカツ丼」とは

豚カツとキャベツをのせたご飯に、特製ドミグラスソースをかけた和洋折衷の丼。「味司 野村」の創業者が考案。味司 野村

木の温もりあふれる和空間。お一人様も気軽に

86年間受け継ぐ伝統の味。

1931(昭和6)年の創業時よりデミカツ丼を提供する老舗。もう一つの名物ふわとろの「玉子とじカツ丼」とのセットも人気。お昼は行列必至。

立ち寄りスポット★岡山後楽園まで車で10分 味司 野村

TEL/086-222-2234

住所/岡山市北区平和町1-10

営業時間/11時~LO14時30分、17時30分~LO21時、土日祝11時~LO21時

定休日/年末年始のみ

アクセス/電車:JR岡山駅より徒歩7分

車:山陽道岡山ICより20分

駐車場/なし

橋野食堂【岡山県津山市】

ぷりっぷりホルモンが味噌ダレうどんにマッチ。

ホルモンうどん

県内産長ネギとシャキシャキもやしがアクセント

ホルモンうどん1玉790円

<提供時間>オールタイム

<予約>不可

\ここが旨い!/

柔らか麺に絡む自家製味噌ダレは1ヶ月ほど寝かせて、ニンニクやリンゴ、柚子など十数種の食材の旨みを凝縮!

「津山ホルモンうどん」とは

ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」でも毎年大人気。ホルモンの旨みが染みたうどんと店舗ごとの特製タレが魅力。4代目主人

4代目主人が秘伝ダレで焼き上げてくれる

ホルモンごろりの名物うどん。

創業約130年の老舗食堂。すぐ隣の精肉店より仕入れる鮮度抜群の大腸、小腸、ハラミ、ハツ、センマイなど5~6種のホルモン入りうどんが名物。

立ち寄りスポット★湯郷温泉まで車で25分 橋野食堂

TEL/0868-26-0502

住所/津山市川崎549-9

営業時間/10時~19時

定休日/水(祝日の場合は翌日休み※8 /16は営業)、8/24

アクセス/電車:JR東津山駅より徒歩10分

車:中国道津山ICより5分

駐車場/10台

あきちゃん【広島県広島市】

サクサク衣の中から脂の旨みがジュワッ!

ホルモン天ぷら

左から、センマイ、ミノ、ハチノス、ビチ、チギモ(膵臓)、オオビャク(大腸)

ホルモン天ぷら白肉120円 他各110円

<提供時間>オールタイム

<予約>可(土日祝の昼は不可)

\ここが旨い!/

ふっくらジューシーなホルモン天ぷらと、自家製あっさり酢醤油ダレが合う。たっぷりの韓国の粉唐辛子とともに。

「ホルモン天ぷら」とは

焼肉店が点在する広島市西区に伝わる郷土食。備え付けの包丁&まな板で自らカットして食べるスタイルが基本。あきちゃん

女将を筆頭に気さくな店員さんが切り盛り

地元のソウルフードがいろいろ。

食べ比べも楽しい多彩な部位のホルモン天ぷらと野菜天ぷらが名物。ホルモンのダシが染みたご当地グルメ「でんがく」の汁物やうどんも人気。

立ち寄りスポット★平和記念公園まで車で10分 あきちゃん

TEL/082-296-2821

住所/広島市西区福島町1-15-5

営業時間/11時~14時、17時~21時

定休日/木

アクセス/電車:広島電鉄福島町駅より徒歩2分

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy