体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」

パニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」

以前訪れたことのある特定の場所で、不安や恐怖を感じてしまうパニック障害「広場恐怖」。この症状に悩まされている人たちにとっては、「旅」に出ることはかなりハードルが高いという。

そこで、Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自らを称するJacqui Kennyさんは、自宅にいながら世界一周する方法を思いついた。彼女のアイデアには多くの反響があり、様々なメディアが取り上げるなどした結果、35,000以上のフォロワーを抱える人気Instagramアカウントに。

ストリートビューを使った
「世界一周の旅」

パニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 アラブ首長国連邦・シャールジャパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 モンゴル・ウランバートルパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 ペルー・アレキパパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 モンゴル・バガノールパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 ペルー・アタカマパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 ベルギー・フランデレンパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 セネガル・サン=ルイパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 メキシコ・シウダーフアレスパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 キルギス・ナルンパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」 ペルー・タクナパニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」

チュニジア・メドニン

旅をしているときは
ストレスを忘れることができる

もともと広場恐怖症を抱えていたJacquiさん。そこに、経営していた会社をたたまなければいけなくなったことが重なり、かなりのストレスに襲われたという。だから、自分のネガティブな感情を忘れられることを探し求めていた──。

そこで、Googleストリートビューを見ていたときに、行ったことのない土地を知る感覚に惹かれ、その景色をスクリーンショットするプロジェクトを始めたのだ。「今までに『旅』をした場所で一番好きな国はどこ?」という質問に、彼女はこう答えてくれた。

私は、ほぼ全ての国を旅しました。おそらく行った都市は1,000以上ですね。そのなかでもお気に入りは、モンゴル、セネガル、ペルー、チリの4カ国かな。明かりの入り方や街の色がとても綺麗なの

Photos by Jacqui Kenny/GoogleLicensed material used with permission by Jacqui Kenny

関連記事リンク(外部サイト)

家にいながら世界一周。「Google Earth VR」が配信開始。
インスタグラマー「Takashi Yasui」が撮る美しい日本(写真40枚)
人々の「笑顔」で旅する世界一周

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。