体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

露天風呂に絶景に名物グルメ!絶対行きたい岐阜のおすすめスポット

露天風呂に絶景に名物グルメ!絶対行きたい岐阜のおすすめスポット 1707_tokai_2_067

いよいよ夏も本番を迎え、お出かけモード全開!

今回はそんな夏にぴったりな岐阜県のおすすめスポットをまとめました♪

約250畳もある開放的すぎる露天風呂に、しゅわしゅわ炭酸泉でスッキリできる露天風呂、北アルプスの大パノラマ絶景を見渡せるロープウェイ、そして徹夜おどりで有名な郡上おどりに名物グルメまで、一挙にご紹介しちゃいます!

夏のお出かけにぜひ参考にしてみてください♪

記事配信:じゃらんニュース

巖立峡 ひめしゃがの湯

しゅわしゅわ炭酸泉でスッキリ。

巖立峡 ひめしゃがの湯

夏は温度差でより冷たく感じるかも。隣の浴槽は適温

東海では珍しい茶褐色の炭酸泉。

露天風呂は加温・加水一切なしの「源泉そのまんま風呂」で、長湯をしたい人は今がベストシーズンです。

また源泉を飲むことができ、しゅわしゅわっとしたのど越し。

浸かって、飲んで、食べて温泉を満喫できちゃいます。 巖立峡 ひめしゃがの湯

TEL/0576-62-3434

住所/下呂市小坂町落合1656

営業時間/10時~21時(最終受付20時30分)

定休日/水※祝は営業

料金/入浴料大人650円、小学生300円、小学生未満無料

駐車場/100台

「巖立峡 ひめしゃがの湯」の詳細はこちら

ひめ亭

名物・鉱泉料理がずらり。

鉱泉湯豆腐

鉱泉の風味がほんのり香る。鉱泉湯豆腐500円

ひめしゃがの湯内にあり、鉱泉を使った料理が名物です。

なかでも、とろける食感が絶妙な湯豆腐にリピーター続出! ひめ亭

TEL/0576-62-3434

住所/下呂市小坂町落合1656

営業時間/11時~14時30分(LO14時)※土曜のみ17時~20時30分(LO20時)あり

定休日/水※祝は営業

駐車場/100台

下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋

足湯で食べるひんやりソフト。

温玉ソフト

温泉玉子とからめるとクリーミーに。温玉ソフト410円

ソフトクリームに温泉玉子と玄米フレークをトッピング。

敷地内の無料足湯に浸かって食べるのがツウ! 下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋

TEL/0576-25-6040

住所/下呂市湯之島801-2

営業時間/9時~21時※季節変動有※足湯は24時間営業

定休日/不定

駐車場/なし

「下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋」の詳細はこちら

新穂高ロープウェイ

北アルプス山上へようこそ。

新穂高ロープウェイ

日本で唯一の2階建てゴンドラがあるのも魅力

ロープウェイに乗ってたどり着く先は、標高2156mの西穂高口駅。

北アルプスを見渡すパノラマの絶景は見事! 新穂高ロープウェイ

TEL/0578-89-2252

住所/高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉

営業時間/始発8時30分~終発16時※8/1~27は始発8時~終発16時30分(8/13~16は始発7時~)

定休日/不定

料金/第1・第2ロープウェイ連絡大人往復2900円、小学生往復1450円

駐車場/新穂高温泉駐車場230台(500円~)、他

「新穂高ロープウェイ」の詳細はこちら

水明館 佳留萱山荘

約250畳って広すぎ!

水明館 佳留萱山荘

景観を活かした野趣あふれる露天風呂

蒲田川のほとり、北アルプスを望む露天風呂。

その大きさなんと約250畳!

3つの自家源泉を引いているため、湯量もたっぷり。

混浴が気になる人は、女性専用の露天風呂もありますよ。

貸切露天風呂も3種類あります(大人1500円、子ども1000円)。 水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)

TEL/0578-89-2801

住所/高山市奥飛騨温泉郷神坂555

営業時間/日帰り入浴8時~19時

定休日/不定

料金/入浴料大人800円、小学生以下500円

駐車場/30台

「水明館 佳留萱山荘(かるかやさんそう)」の詳細はこちら

奈賀勢食堂

鮮度抜群のホルモン焼き。

テッチャン

テッチャン880円。シメにうどん玉300円を加えるのがツウ

新平湯温泉にある飛騨牛のホルモン焼きの名店。

鮮度がよく脂の甘みがじゅわ~と口に広がります。

味噌との相性もよし! 奈賀勢食堂

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。