ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドレイク、今度はリル・ウェインの顔のタトゥーを入れる

ドレイク、今度はリル・ウェインの顔のタトゥーを入れる

 シャーデーから香水まで、自分が好きなものを次々と体に刻み続けているドレイクがまた新しいタトゥーを彫ってもらったようだ。

 現地時間の2017年7月24日にドレイクの公式インスタグラムに投稿された写真にはタンクトップを着た彼が写っており、左腕にラッパーのリル・ウェインの肖像画とみられる新作タトゥーが見えている。数日前にリル・ウェインの写真を「キング」と一言キャプションを添えて投稿していることや、ファンがTwitterに投稿したドレイクのタトゥーとリル・ウェインの顔写真との比較画像を見る限りでは、どうやら間違いなさそうだ。

 ドレイクは2009年にリル・ウェインの<ヤング・マネー・レコード>と契約し、二人は2012年の「ザ・モットー」などのヒット曲でコラボしている。ドレイクにとっていわば恩人だ。

 リル・ウェインの肖像画は、ドレイクの左肩にある燃える骸骨と、旧ハンドル名に使われていたメンズ・フレグランスのドラッカー・ノワールの瓶の下にでかでかと彫ってある。彼は他にも最新アルバム『モア・ライフ』にちなんだ花や、シャーデーの肖像画を少なくとも2つ、両親の顔、叔父と祖母、トロントのCNタワー、OVOフクロウ、故アリーヤの肖像画やリアーナとお揃いのカモフラージュ柄のサメなど、大小20数個のタトゥーを入れている。

◎ドレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BW9B8lGDejv/
https://www.instagram.com/p/BW32xOwjbvw/

◎ファンによる投稿
https://twitter.com/DrakeDirect_/status/889752327439040512

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる
ドレイク、好きが高じてシャーデーのタトゥーを入れる
バックサウンドやドライブにもピッタリのトロピカルチューン/ドレイク「サインズ」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。