体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの名酒場「コグマヤ」が大衆焼肉店をオープン。名物の絶品ジンギスカンは250円!【池袋】

f:id:Meshi2_Writer:20170703112851j:plain

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。

以前、この連載で、「煮込み豆腐大好きのパリッコ激オシ! 「大衆酒場コグマヤ」は中野の新しい名店だ」という記事を書かせていただきました。

昨年オープンしたばかりの新しいお店ながら、すでに老舗の風格を漂わせている大衆酒場「コグマヤ」。

中野にあるこのお店が相変わらず大盛況の中、なんとこのたび、池袋に新しい形態の新店をオープンさせたとの情報が入ってきました!

「コグマヤ」が出すなら絶対いいに決まってる! ということで、これといった下調べもせず、大慌てでお店へと突入してまいりました。

そしたらま〜、本店とは違ったコンセプトなんですが、めちゃくちゃ満足度の高い名店だったんですよね。

というわけで、さっそくレポートさせていただきます!

大衆酒場の雰囲気がたまらない

お店があるのはJR池袋駅西口からすぐの飲み屋街。

f:id:Meshi2_Writer:20170703113533j:plain

「大衆焼肉コグマヤ」

お、なるほど、新しいお店は「大衆焼肉」のお店なんだ。

僕のような酒場好きにはどうしてものれんの奥が気になってしまう、いかにも大衆的な佇まいが素敵ですね。

そしてやっぱり、できたばっかりのお店には見えない渋さ。

オーナーの高橋さんが本当に酒場文化を愛し、リスペクトしているからこその、この雰囲気なんですよね。

いや〜、ワクワクします!

f:id:Meshi2_Writer:20170703113543j:plain

表のメニュー看板

名物メニューを見やすくバシッと配置したシンプルさが最高!

さすが、酒飲みのツボを心得ていらっしゃいます。

そんでもって、ジンギスカンが250円?

まだどんなもんか見てないですが、安すぎないっすか?

f:id:Meshi2_Writer:20170703113551j:plain

店内へ

各テーブルにロースターが置かれ、焼肉とはいえハードルは高くなく、とことん大衆的な雰囲気。

各テーブルからはモクモクと煙があがり、店員さんの威勢の良い声と、お客さんの楽しそうな笑い声であふれ、今年の5月にオープンしたばかりのお店ながら、すでに大人気のようです!

f:id:Meshi2_Writer:20170703113559j:plain

席に着くとタレが到着

f:id:Meshi2_Writer:20170703113607j:plain

なるほど、これは絶対うまいやつだ。後半に味変で試してみよう!

では、まずは何はともあれ、

f:id:Meshi2_Writer:20170703113620j:plain

▲生ビール(380円)

を注文しないわけにはいかないですよね。

料理を待ちきれず、店内に漂う焼肉のい〜い香りをつまみにグイッと!

……う〜ん、なんだかもう最高の気分なんですけど。

どれもこれも太っ腹価格

人心地ついたところでメニュー表をじっくりと眺めてみます。

もちろん、表の看板にあった他にも、魅力的なたくさんの品々が用意されていますよ。

その中に、お! うれしい名前を発見しました。

f:id:Meshi2_Writer:20170703113627j:plain

▲朝挽きレバネギ(350円)

詳しくは冒頭の中野のお店の記事をお読みいただきたいんですが、低温調理によって驚くほどしっとりとなめらかに仕上げられた、「レバ刺しより美味いんじゃ!?」っていう冷製のレバーです。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。