体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リーズナブルな価格でうまいお寿司と地酒が楽しめる「千代鮨」【新潟】

f:id:bbhotstp:20170718121839j:plain

新潟の新鮮魚介類を楽しめる寿司店

新潟といえば、おいしいお米に、日本酒、そして新鮮な魚介類というイメージが強いかと思います。

今回は、新潟駅の近くでおいしいお米と魚を使ったお寿司を食べられるお店をご紹介したいと思います。

ご紹介するお店はこちら。

f:id:bbhotstp:20170718120844j:plain

「千代鮨」

「千代鮨」は、新潟駅に近いこともあり、飲んだ後にシメにお寿司を食べるという人も多く、また、おいしいお寿司を食べながら、地酒を飲むという楽しみ方も可能です。

近隣にはオフィスなどもあるので、お昼にサラリーマンがお寿司を食べにくるというケースも多いようです。

f:id:bbhotstp:20170718120853j:plain

店内は、長いカウンター席、左手に小上がり席といったつくりとなっています。

f:id:bbhotstp:20170718120900j:plain

小上がり席

f:id:bbhotstp:20170718120909j:plain

結構広いので、何人かで訪れても良さそうです。

f:id:bbhotstp:20170718120916j:plain f:id:bbhotstp:20170718121038j:plain

メニュー

今回、いただくのは定番のこちらです。

f:id:bbhotstp:20170718121120j:plain

▲並すし(1,350円)

最高にウマそうです!!

実際食べてみると……

見た目通りのおいしさ!

毎日仕入れに行くという厳選された新鮮食材を用いたお寿司は、格別なおいしさです。

この日のラインアップは、画像左下から

・南蛮エビ

・スルメイカ

・シメサバ

・ミズダコ

上段左から

・マグロ赤身

・キス

・ブリ

・アオヤギ

でした。

南蛮エビとは、甘エビのことで、新潟では南蛮唐辛子に似ていることからそう呼ばれているそうです。

今回はその中でもおいしいと評判の高い佐渡産のものを使用していました。

また、キスも新潟では、釣りなどでも人気の魚で、県内各地で食べられています。

こうした新鮮食材が流通しているのも新潟の強みですよね。

こうした本格志向のお寿司が、1,350円というお手頃価格で食べられるというのがうれしいですね。

f:id:bbhotstp:20170718121130j:plain

そして、味噌汁にも、南蛮エビの頭がたっぷりと入っています。

おいしいエビを使ったお寿司を作る際、残ったエビの頭を有効活用し、格別の味わいのエビ味噌汁を提供しています。

地酒各種を取りそろえています!

f:id:bbhotstp:20170718121138j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。