体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪人にとって「551蓬莱の豚まん」はいったい何なのか【ナニワ定番研究】

大阪人にとって「551蓬莱の豚まん」はいったい何なのか【ナニワ定番研究】 f:id:Meshi2_IB:20170713161401j:plain

大阪に引っ越してきて4年近くなるのだが、ようやく大阪にとって「551蓬莱の豚まん」がどういう存在なのか分かってきた気がする。

たとえば、一日出歩いて少し疲れた帰り道。

「疲れた。もう今日の夕飯は簡単なもので済まそう」という気分の時に駅前にちょうどよく「551蓬莱」のお店があった時、「よし! 夕飯は551の豚まんにしよう!」と思うことによってテンションが一気に上がる感じ。

あるいは、家に友達が遊びに来た時に、「551買って来たよー」と言われた時の、友達に対して感じる「こいつ分かってるわー! 最高の友達!」という気持ち。

ぜいたくなグルメというような存在ではなくて、あくまで日常の中にありつつグッと幸福感をもたらしてくれるもの。身近なごちそう。それが「551蓬莱の豚まん」ではないだろうか。どうでしょうか。

「551蓬莱」には有名なCMシリーズがあって、お笑い芸人のなるみちゃんと、株式会社蓬莱の取締役常務である田中一昭さんという方が主に出演しているものなのだが、「551蓬莱の豚まん」がある時は最高で、ない時はものすごい辛い、という気持ちをストイックなまでにシンプルに表現した内容になっている。

いかにも大阪と言う感じでちょっと大げさな表現のだが、「551がある時」、テンションが上がるというのは間違いではないのだ。

今さらだが、知らない人のために簡単に説明しておくと「551蓬莱」は大阪を中心にチェーン展開する中華料理店で、名物は「豚まん」

いろんな中華料理メニューを食べられるレストランやイートインを備えた店舗もあるが、駅構内などに設置されたテイクアウトのみの店舗も多い。梅田やなんば、新大阪など大阪の主要駅付近には複数の店舗がある。

謎の数字「551」は、創業当時の店の電話番号からとったもので、今もいくつかの店舗の電話番号末尾には「551」が使われている。

名物「豚まん」かく生まれり

f:id:Meshi2_IB:20170706153533j:plain

今回はそんな大阪の身近なごちそう「551蓬莱の豚まん」について改めて考えるべく、大阪は難波にある「551蓬莱 戎橋本店」を訪ねることにした。

株式会社蓬莱・営業部の西本茂基さん、総務部の八田実紀さんに立ち会っていただき、まずは厨房で豚まんを作っているところを見せてもらう。

f:id:Meshi2_IB:20170706153555j:plain

キャップとマスクを着用し、衛生面に細心の注意を払ったほかは「どこでもお好きなように撮影してください!」とのこと。

f:id:Meshi2_IB:20170706153608j:plain

こちらが豚まんひとつ分の分量に合わせて切り分けられた生地である。

f:id:Meshi2_IB:20170706153626j:plain

そして青いバットに入っているのが具材だ。

f:id:Meshi2_IB:20170706153637j:plain

具材をすくい取り、伸ばした生地の上に乗せて包んでいく。この動きがものすごい速さ。

f:id:Meshi2_IB:20170706153648j:plain

1分間におよそ4個というスピードで作っているとのこと。一瞬にして美しい豚まんが出来上がる。

f:id:Meshi2_IB:20170706153700j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。