体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

着物と出会いアンジーさんが得たものとは?着物インフルエンサー・SALZ Tokyoアンジーさん

趣通信スタッフのちあきです。

ドイツ出身のアンジーさん。
個性的な着こなしでインスタグラムを中心にたくさんのファンを魅了していらっしゃいます。趣-omomuki-が募集している#趣着物にも素敵なお写真をたくさん投稿いただいております。

今回は、以前よりアンジーさんと親交のあった趣-omomuki-代表のケビンが、アンジーさんに着物を着るようになったきっかけや彼女から見た着物の魅力を伺いました。

 

IMG_2429

着物インフルエンサー

Anji SALZ(ザルツ・アンジー)

北ドイツ出身。

ドイツから日本へ引っ越し、日本の原宿ファッションに興味を持つ。その後、日本の文化的なものにも興味を持ち始め、2014年秋に着物を着たきっかけから着付け、着物について夢中に。

「国内海外の着物ファンを増やす、日本の伝統的な技術を守り続けたい。そして普段着物をもっと普及させたい。」という思いから、着物や日本の良さを伝える活動として、ブログやSNSを中心としたPR、スタイリング、撮影ディレクション、古着の買い付けや販売、着物デザイン、和裁など着物インフルエンサーとして幅広く活躍。

2017年からは毎日新聞の着物コラムを執筆中。

 

ドイツ人のアンジーさんが着物を着ることになったきっかけは?

ケビン
アンジーさんは来日して6年目とお聞きしました。どんなきっかけで着物を着るようになったんですか?

 

アンジー
はじめて着物を着たのは10年以上前、まだドイツに住んでいたときです。日本の友人に浴衣と着付けDVDをプレゼントしてもらいました。
難しかったけれど頑張って練習して、だんだん上手く着られるようになって、ドイツ国内で開催されるJapan Festivalなどのイベントに着ていくようになりました。

それ以前には特別着物に興味もなかったし、欲しいとも思っていなかったので、着物との出会いは本当に偶然でした。

本格的に興味を持ったのは京都への旅行中です。着物をレンタルして、京都の美しい街を一日中歩き回りました。とっても楽しかった!着物を着ていると所作も言葉遣いも美しくなって、女性らしい気持ちになったんです。本当に素敵な体験でした。

実際に着物を購入したのは、日本人である主人の妹の結婚式がきっかけでした。夫の母は着物をたくさん持っていたので、彼女に頼んで一緒に着物を着せてもらって結婚式に参加しました。

京都で着たものとはまた異なる、華やかなフォーマル着物の素晴らしさも知り、すっかり着物に夢中になりました。

結婚式の後、自分の着物が欲しい!とすぐに京都に向かいました。

 

情熱、自信、社交性。着物を通して得たもの

アンジー
着物に出会ったのは、生まれ育ったドイツから日本に来て、それまでの仕事も辞めて、自分は何に情熱を持てるのか・・と悩んでいた時期でした。そこで着物に出会い、自分がPassionを持てるのはこれだ!と確信したんです。

また、着物を着始めて、以前よりも自信が持てるようになりました。着物を着ているとたくさんの人が「素敵!」と褒めてくれたり、話しかけてくれたりするんです。実はここに来る時もタクシーの運転手さんが、自分も着物が大好きだよ!と話してくれて。

自分が着物を着ると周囲の人が喜んでくれるから、さらに着物が好きになりました。今では、普段着として友人との食事などにも気軽に着て行きます。

 

ケビン
僕も着物を着始める前は、着るのに時間もかかるし、どこにきていけばいいんだろう?と思っていました。

でも友人に誘われて浅草で着物レンタルを利用したときに、たくさんの外国人観光客の人に「着物だ!一緒に写真を撮ってください!」と言われて。すごく喜んでもらえたんです。

普通の服では見ず知らずの海外の方にそう言われることなんてないから、着物を着るとこんなに嬉しいことがあるんだ、と驚きました。

 

アンジー
そうですよね!だから自信を持つとともに社交的にもなりました。着物を着るようになって着物仲間ができたり、たくさんのイベントに参加するようになったりして、色々な人と交流するようになりました。インスタグラムなどオンライン上の交流も増えて、アクティブになりましたね。

 

ケビン
僕らも着物ブランド、ルミロックのイベントではじめてお会いしましたよね。

IMG_2537

アンジー
さらに着物を通して、コーディネートはもちろんのこと、より広い範囲のことについて興味を持つようになりました。着物の歴史、日本の歴史、産地や着物の模様の意味、伝統的な技術・・。着物を好きになればなるほど、日本のことももっと深く知りたいと思うようになりました。

 

ケビン
僕ももともとのきっかけはお茶を習いたいと思ったこと。そこから着物へと興味が移りました。着物を着るようになると、歌舞伎など着物に関連することや着て行きたい場所などにも興味が広がっていきましたね。

 

着物選びは自分のテイストを重視。なければ自分で作ります!

ケビン
ちなみにアンジーさんは、いま着物のコレクションをどれくらいお持ちなんですか?

 

アンジー
着物を着はじめて3年、今は50着くらいコレクションしています。最初は京都で着物3着と帯2枚を買ってコーディネートました。

お気に入りのブランドはルミロック。私のテイストにぴったりの着物ブランドです。かっこよくてモダンで、伝統的な着物とはまた違う魅力があります。伝統的な作り方(型紙や注染など)をしているのも好きです。技術を守りつつ、新しい魅力を発信しているので大好きです。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。