体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高難度アクション+クリッカー系?奇妙なローグライクアクション『Nongünz』に挑め!

高難度のアクションゲームは、もはやジャンルと呼んで差支えがないほどファンの多いものになった。プラットフォーマーや3Dアクション、ツインスティックシューターなどその内容は様々だ。だが、難しければ難しいほど挑戦し甲斐があると、その内容を問わず腕に覚えのあるゲーマーが集まってくる。歯ごたえのあるゲームが求められる時代なのかもしれない。

そうした高難度ゲームは腰を据えてじっくり長時間遊ぶ必要がある。しかし、現代人は何かと忙しいもので、高難度ブームとは裏腹にゲームの時間を取れない方も多い。そんな中で人気となのが、クリッカー系、放置系と呼ばれるゲームだ。ゲームを起動しっぱなしにして、自動で増えるポイントを貯める。こうしたプレイに腰を据えない放置スタイルが人気を博し、クリッカー系ゲームは様々な派生を生み出す一大ジャンルへと成長した。クリッカー系ゲームもまた、時代に求められたゲームなのであろう。

今回紹介する『Nongünz』はそんな相反する二つのジャンルをミックスした、とても変わった作品だ
 
image1
 
スペインのインディゲームディベロッパー「Brainwash Gang」が制作したゲーム『Nongünz』はゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて698円で販売されている。開発中の段階から注目されていたようで、スペインのゲームメディアでは開発中の本作が何度も取り上げられていた。注目の集まる中、本作は2017年5月19日にリリース。その硬派なゲーム内容に評判は広まり、ヒット作となった。

海外のゲームなので、言語に不安を覚える方もいるだろうが心配ご無用。本作はゲーム内に言語が出てこない。ゲーム内容からオプションの設定項目に至るまで全て絵で説明している。この絵は何を意味しているのか?この設備は一体何をする場所なのか?こうしたゲームシステムをプレイヤーに考えさせる作りなのだ。言語の隔たりなく、世界の誰もがわからないゲームなのである。逆に、安心して遊ぶことができるだろう。

レビューに移る前に、断っておかなくてはならない。本作がそうやって言語を使わずあえてわかりづらくしているゲームシステムを、一部ではあるがこの先解説しようと思う。ゲームのレビュー上仕方のないことだが、それはゲームの謎を紐解くことに他ならない。ネタバレと感じる方もいるだろう。ご容赦いただきたい。

アイテムとポイントを貯めまくる!独特のゲームシステムで強くなれ!

image4
 
『Nongünz』は横スクロールアクションゲームだ。主人公である骸骨を操り、グロテスクなデザインのモンスターが蔓延るダンジョンを攻略する。道中にはショットガンや刀といった武器や、二段ジャンプやダッシュなどのスキルが宿った頭蓋骨、ステータスがアップするアイテムがある。これを集めることで骸骨はどんどん強くなっていく。いわゆるローグライクゲームと呼ばれるものだ。

本作の敵は雑魚キャラであってもかなり強い。なかなか倒せない上、攻撃を一回食らうだけで骸骨のHPはごっそり削れる。倒せば少しHPが回復するものの、強い敵と渡り合うための装備品は耐久がなくなれば壊れる使い捨てだ。さらに、ステータスアップアイテムの入った宝箱を開けるにはHPを消費しなければならない。まったく一筋縄ではいかないハードさだ。
他の多くのゲームと同様に、本作も敵の猛攻に敗れ死んでしまえば、これまで集めたアイテムは全てを失われてしまう。いくらハードとはいえ、本当にこの作品をクリアすることができるのか?
 
image8
 
クリアできないほど難しいなら、クリアできるくらい骸骨を強くすればいい。このゲームは、死ぬ前にダンジョンの窓から飛び出すと、なんと拠点に帰ることができる。拠点に帰ればどれだけ死にかけていたとしてもHPは全回復する。もちろん集めたアイテムは手元に残ったままだ。ダンジョンにはまた始めから挑まねばならないが、死んでこれまでの努力が消えてしまうよりはずっといい。
しかも、ダンジョンに行って帰ってくるを繰り返せばアイテムは貯め放題だ。たくさんアイテムを集めれば、あれだけ痛かった敵の攻撃も辛くないし、敵を楽に倒すことだってできる。拠点にはアイテムを保管するストレージ(棺桶)もあるので、アイテムを貯めに貯めて死んだときに備えることも可能だ。
 
image2
 
本作にはアイテム以外にも、プレイすると貯まっていくものがある。画面中央下部に表示されたポイントだ。これは自身が攻撃ボタンを押したり敵を倒すと増えるのだが、ゲームを進めるにつれステータスアップアイテムの効果とダンジョン道中で救った骸骨たちの祈りにより何もせずとも増えるようになる。クリッカー系ゲームの要領である
 
image7
 
このポイントは拠点で武器と交換したり、お店でステータスアップアイテムを購入したりするとても重要なものだ。あればあるほど骸骨を強くできる。これも死んでしまえば0になってしまうが、死なないように遊べばどんどん増えていく。
 
image10
 
もちろん何もせずとも増えるのだから、放置すれば大金持ちになる。本作はメニュー画面よりゲームを終了すると、『Nongünz』を遊んでいる人の部屋に画面が切り替わり、『Nongünz』を遊んでいる人を操作することができる。『Nongünz』を遊んでいるのは私たちのはずだが、この際そこはいい。『Nongünz』を遊んでいる人を操作する画面では、時計が高速で動いており、ゲーム内の時間が高速で流れてたくさんポイントがもらえる。要するに、ポイントを貯める間の放置用画面なのだ。クリッカー系ゲームは数あれど、放置用画面が存在するゲームは珍しい。なお、ダンジョン内でゲームを終了させると、いくら『Nongünz』を遊んでいる人が退席しただけとはいえ死亡扱いになるのでご注意を。
 
image3
 
腰を据えてプレイするときは何度もダンジョンを往復してアイテムを貯める。プレイできないときは放置だけしていればポイントが貯まって、結果アイテムがたくさん手に入る。プレイしようがしまいが、起動さえしていれば骸骨をひたすらファーミングできるのだ
ローグライクゲームと呼ばれる作品は数あれど、ここまで楽なファーミングを許しているゲームは珍しい。なにより強さに直結するポイントがクリッカー系ゲーム方式で貯まるというのも変わっている。ハードなゲームを楽しみたいが、何時間も腰を据えられない!という現代人にピッタリの作品だろう。

強化してもなお凶悪!難攻不落のダンジョンに挑め!

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。