体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
キャンプの季節到来。自然大好き! お肉大好き!! でも準備が大変そう・・・。そんな人のために、キャンプに必要な用具や食材をあらかじめ用意しておいてくれる便利なサービスが人気です。休暇村の「手ぶらでキャンプ」もその一つですが、2017年7月15日より休暇村 裏磐梯に新プランが登場しました!

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
その名も「休暇村 × CAMP HACK STYLE」。国立・国定公園など全国37か所でリゾート施設を展開する休暇村と、「CAMP HACK」をはじめとしたアウトドア系オンラインメディアを展開する株式会社スペースキーがコラボレーション。キャンプのプロであるCAMP HACK編集部がキャンプギアを厳選。手軽さはそのままに、初心者から玄人キャンパーまで、幅広い層が満足できる4プランとなっています。

【プラン1】おしゃれにソトアソビ!「BOHEMIAN」キャンプセット(1日1組限定)

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
おしゃれにキメたい人におすすめしたいのがこのプラン。「世俗から解放され放浪するという意味を持つ」(濱松氏)というBOHEMIANをテーマにしたキャンプセットは、どこかヒッピーっぽさを感じさせます。パッと目を引くのは、カラフルなラグと、モンゴルの遊牧民が使っていそうなテント。夕食はダッチオーブンでローストビーフに挑戦。ちなみに、テントは常設なので初心者や女性だけも安心です。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
広々とした常設テントは通気性に優れ、夏は涼しく秋は暖かい素材とのこと。実際にテント内をのぞいてみるとご覧の通り、とっても涼しげ。人数分(4つまで)のエアーベッドもついてくるので、キャンプに慣れていない人でも快適に眠れそうです。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
気分が上がるカラフルなラグやチェア。LEDキャンドルは夜の雰囲気作りに活躍してくれそう。火を使わないので小さな子どもがいても安心です。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
夕食はローストビーフや季節野菜のグリルに挑戦。レシピが用意されているので料理に自信がない人もご安心を。

次は、今年大流行中のトンネル型テントが使用できるプラン。

【プラン2】ナチュラルなアイテムでキャンプ!「WOOD」キャンプセット(1日1組限定)

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
「自然に溶け込む」をコンセプトにしたキャンプセットは、木目や灰色を基調とした落ち着いた雰囲気。普段の暮らしをそのまま外に持ち出したような広めのキッチンやしっかりとしたチェアが特徴的です。今年大流行中というトンネル型テント「ノルディスク レイサ」を使用できるのは、キャンパーにとってうれしいポイント。写真は、「WOOD」キャンプセットについて紹介するCAMP HACK編集長・濱松教道氏。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
全体的に重厚な雰囲気で、チェアは家でも使用できるくらいしっかりしています。見た目もおしゃれなグラスは、脚を取り外してグラス内に小さく収納できて機能的。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
広めのキッチンは大人が3人並んでも邪魔になりません。夕食はダッチオーブンDEパエリアと季節野菜のグリル。

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
いろいろなアレンジが可能なトンネル型テント。今年大流行中とのこと。試してみたいというキャンパーは少なくないはず。

【プラン3】充実キャンプを楽しめる!「THE CAMP」キャンプセット(1日1組限定)

【一日一組限定】手ぶらで本格キャンプが楽しめる4つの特別プランが裏磐梯に登場
「いわゆるキャンプ」を楽しみたい人はこちらのプランで決まり。「CAMP HACK編集部が特に力の入ったセレクト」らしく、こだわりが強い玄人キャンパーも思わずうなる厳選アイテムがピックアップされています。見た目も無骨で、まさに「THE CAMP」といった感じです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。