ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ココイチ】あのCoCo壱番屋がラーメン屋さんをはじめていた!【カレーらーめん】

f:id:Meshi2_IB:20170616124948j:plain

こんにちは。メシ通レポーターの鷺ノ宮やよいです。

おウチで作るカレーもいいけれど、ときどきムショーに食べたくなるのが「CoCo壱番屋」のカレーライス。

そのココイチ、実は「カレーらーめん」をメニューに掲げる「麺屋ここいち」というお店を出しているのを皆さんはご存じでしょうか?

今回は東京で唯一となる「麺屋ここいち」にて「カレーらーめん」を食してきました! 日本人の国民食ともいえる「カレー」と「ラーメン」のハイブリッド。いったいどんな味なんでしょうか?

メニューが多すぎてビックリ!

f:id:Meshi2_IB:20170616125018j:plain

ハイ、こちらがJR秋葉原駅から徒歩3分の場所にある「麺屋ここいち」。

赤の背景に黄色い「カレーらーめん」の文字が鮮烈です!

いざ、お店の中へ!

さっそく「カレーらーめん」を注文してみようと思いましたが、メニューを見るとカレーらーめんの種類があまりに多い!

f:id:Meshi2_IB:20170616125015j:plain

「ど、どどどどれを頼めばいいかわからないです……!!」

すっかりパニックになってしまった私に、店長の高頭さんが

「うちの二枚看板が『うまこくカレーらーめん』『濃厚うまこくカレーらーめん』なんで、そうしますか?」

と声をかけてくれました。アドバイスに従い、素直にその2品をいただくことに。

看板メニュー2品を食べてみた

f:id:Meshi2_IB:20170616125054j:plain

▲うまこくカレーらーめん(702円)

こちらが「うまこくカレーらーめん」。いちばん基本の味となるそうで、ココイチのポークカレーをベースにラーメン用にアレンジしたスープは、豚骨、鶏ガラなどでとっただしを使っているといいます。

f:id:Meshi2_IB:20170616124934j:plain f:id:Meshi2_IB:20170616125011j:plain

モチモチっとした麺は確かにラーメン。

だけど、麺に絡んでいるのは紛れもないカレー味。なんだか不思議な感覚ですが、この組合せ、1回食べるとクセになりそう! ピリ辛のひき肉、シャキシャキのキャベツやもやしがまたいいアクセントになってます。

f:id:Meshi2_IB:20170616124943j:plain

▲濃厚うまこくカレーらーめん(810円)

続いてこちらが「濃厚うまこくカレーらーめん」

メニュー名を見れば、「うまこくカレーらーめん」に「濃厚」の文字がついているだけ。あまり違いがなさそうに感じてしまいますが……見た目も味もぜんぜん違う!

f:id:Meshi2_IB:20170616124952j:plain

スープはどろっとしていて「うまこくカレーらーめん」よりもかなりとろみが強い上に、味もかなりスパイシー。

だしには20種類以上もの材料を使っており、「うまこくカレーらーめん」よりもだしの分量も多くなっているのだとか。

「うまこくカレーらーめん」がひき肉だったのに比べ、こちらは細切れの豚肉が入っています。

ちなみにお店のオススメNo.1はこの「濃厚うまこくカレーらーめん」のほうのようです。

「麺屋ここいち」秋葉原店オリジナル! 「タレカツカレーらーめん」

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。