体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結果が出ず「発狂寸前」に。絶望しかなかったが“常識を疑う”ことで救われた――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ

もしプロギャンブラーになれれば、つらい思いをしている子どもへ手が差し伸べられる。その必要な能力として、世界中を見て回り、自分自身のメンタル、思考力、決断力、行動力などが今より絶対強くなると思っていたからです。ここを乗り越えた後に絶対素敵なところに行けるということだけはわかっていたので。

また、家族や友人みんなにプロギャンブラーになると宣言してアメリカに来ていたというのも大きいですね。中途半端にあきらめたら彼らに顔向けできませんからね。

何より最初に、貯めた1000万円が0になるまでやろうと決めてたからです。1年半経っても使い切ってないし、まだ自分は勝負できると思っていました。そもそもあきらめるという選択肢自体、最初からなかったんです。

一時帰国から突然の閃きで突破口が開けた

f:id:k_kushida:20170711200120j:plain

──“休憩”とは具体的にはどのような?

日本に帰って映画を観たり、本を読んだりして、ギャンブルから意識的に離れました。そんな感じで帰国して3ヵ月が経ったある日、たまたまある閃きが降りてきました。同じブラックジャックでもカジノによって全然ルールが違うんですね。カジノ業界でブラックジャックはこうすれば勝てると言われていたスキルをマスターしてもダメだったのならば、逆に絶対に勝てないと言われているルールのカジノへ行けば勝てるかもしれないと思ったんです。逆転の発想ですよね。常にあらゆる常識を疑うことはとても大事なことです。

それでその勝てないと言われているカジノのルールで試しに統計を分析してみたら、ビックリすることに勝てたんですよ。この時は「うわーっ、キター!」って思いましたね。ソッコーでそのカジノがあるニューオリンズに行き、さらに1ヵ月間、仕込み直しました。

──“仕込み直し”というのは具体的には?

ギャンブルは確率と統計に支配されているので、カジノにコンピューターを持ち込むことはできません。ならば、自分の頭の中にブラックジャックのICチップを埋め込めばいいわけです。そもそも3ヵ月間、ギャンブルから離れていたわけなので勝ち方の微妙な部分を覚え直す、インプットし直す必要があった。それが仕込み直しです。より完璧な結果を目指すために、どっぷりギャンブルに集中できる環境に身を浸そうと、ニューオリンズの近郊に安宿を借りて1ヵ月ほどこれまでやってきたようなシミュレーションを行いました。その結果、やはり何回やっても勝てるという確証を得て、初めてカジノへ乗り込みました。自分の部屋で勝てるのだからカジノで負けるはずがありません。勝ちすぎて初めてカジノから追い出されました。カジノから追い出されて初めてプロギャンブラーとしての称号を得られると思っていたので、この日が僕がプロギャンブラーになった日です。アメリカに渡って2年後のことでした。それ以来、ブラックジャックは、ディラーにイカサマをされない限りは、負け知らずの勝率10割で、行く先々のカジノで追い出され、出入り禁止を食らいました。

こうなるとブラックジャックに関して最重要課題は“見切り”になります。当然、カジノから追い出されるギリギリまでプレイした方がお金を稼げるので、最後の1秒まで粘りたい。でもカジノ側も僕を追い出そうとしてるので、そのギリギリのタイミングを読むんです。その駆け引きがすごく楽しかったですね。カジノの裏口から逃げるように出ることもしょっちゅうでした。

──ではそれからはカジノへ行けば必ずお金が稼げるウハウハ状態なので楽しかったでしょうね。

当時はカジノへ3ヵ月通えば1年分の生活費を稼げていました。つまり1年のうち、3ヵ月だけ働けば、残りの9ヵ月は遊んで暮らせていたのですが、そんな人生なんて楽しくも何ともありません。価値がないとすら言っていい。そもそも僕は休みたいと思わないことを仕事にしたいと思ってプロギャンブラーの道を選んだわけですから、365日本気になれそうな他の仕事を探し始めたんです。また仕事案をリストアップして、麻雀やパチンコなどのギャンブルや、ギャンブル以外も考えました。プロギャンブラーで生きてきたし、ギャンブルで培ったスキルでビジネスでも勝負できる自信があったので、日本に帰ってトップサラリーマンを目指そうかなとも考えました。

そんな時にあるプロのポーカープレイヤーと出会いました。彼のポーカーの腕前自体は一流でかなり稼いでいたようでした。ある日そのプロがゲームセンターで人気の100万円もするゲーム機を買っているから家に遊びに来なよと誘ってくれました。それを聞いた時にこの人がプロのポーカープレイヤーになれるなら僕も可能性があるなと思ったんです。

──どういうことですか?

ギャンブルで生きていくために最も重要なのはお金の使い方です。コストパフォーマンスが合うか合わないか。そこだけです。今のゲインに対して見合う分だけのコストをきっちり払い続けたらお金は増えていきます。でも、お金が余っているとしても100万円のゲーム機を買うのはお金の使い方として間違ってる。だからこの人がなれるのなら僕もなれるかもと思い、ポーカーのプロを目指すことにしました。そしてまた一からポーカーの勝ち方を勝負しながら学び続け、ポーカーでも神の領域と呼ばれる勝率9割を誇れるようになったんです。

プロのレベルまで到達できたポーカーの種目はセブンカードスタットポーカー、ノーリミットテキサスホールデムポーカーの2つ。これにブラックジャックを合わせた3つでどこでも稼げるので、アメリカ以外にも中南米やヨーロッパ各国のカジノへ武者修業に行きました。15年間で訪れた国は82ヵ国。トータルで世界6周しました。その間、もちろんギャンブルの収入だけで生活していました。最初に描いていた、世界中の国を勝負しながらさすらうプロギャンブラーになるという夢を叶えたわけです。

──プロギャンブラーとして世界をさすらっていた時のモチベーションは?

ギャンブルの世界は厳しいんですよ。常に壁が立ちはだかる。でも答えを他のプロが教えてくれることは皆無です。一匹狼の世界。この壁をどうすれば乗り越えられるかを必死で考えて、答えをひねり出す。それをやりきって壁を乗り越えた時の達成感、爽快感は言葉ではとても表現できません。ブラックジャックのときもポーカーのときも、こうすればうまくいくんだということや日々自分が成長していることをリアルに感じられたのがすごくエキサイティング。これが最大のモチベーションでした。

──日本に帰国した経緯は?

2011年3月、東日本大震災のニュースをパナマで見ました。すぐラスベガスへ行って、ギャンブラーからの義捐金募集活動にすべての時間を費やしたんです。そして、ボランティア活動をするため6月に一時帰国しました。しばらくすると、3年ぶりに一時帰国したのを気づいた3社から、旅やギャンブルのスキルを使った仕事の依頼をいただいたんです。また世界放浪生活に戻り、5大陸44ヵ国を周って、2012年9月に帰国しました。

帰国してからはいろんな会社からこれまでのプロギャンブラーとしての経験を話してほしいという依頼が殺到して、毎週トークイベントに登壇させてもらいました。半年の日本滞在後はイタリアのオレンジを投げ合うお祭りに行く予定で、旅行代理店で旅の手配をしていたんです。そんな時、たまたま高円寺の旅カフェで仲良くなった、シェアハウスを経営している会社の人に、日本にいる時だけでいいからうちのシェアハウスに住もうよって誘われました。でもまたすぐに海外に行く予定だからなあと思っていたところ、僕が出演したトークイベントを聞きに来た出版社の人から、これまでのプロギャンブラーとしての体験を元に本を書かないかというオファーをいただきました。本を書くことも僕の夢の1つだったんです。このふたつのお誘いが重なったことで、日本に残ることにしました。以来、今までずっとシェアハウスに住んでいます。f:id:k_kushida:20170711201042j:plain

日本に帰国してからはプロギャンブラーとしての活動を一切行っていないのぶきさん。もうプロギャンブラーは引退してしまったのかと思いきやーー次回は現在の活動と仕事をする上で大切にしていることなどを熱く語っていただきます。乞う、ご期待!

次回は7月27日(木)掲載予定です。

文:山下久猛 撮影:守谷美峰

【第1回目記事はこちら】

就活せず。周りから「現実逃避だ」と言われても、この道を目指した――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ – リクナビNEXTジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

就活せず。周りから「現実逃避だ」と言われても、この道を目指した――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ
「守り」の時代だからこそ、流されてはいけない――マイケル・ジャクソンのバックダンサー/ユーコ・スミダ・ジャクソンの仕事論
「社会的意義がない」と、3カ月準備した新規事業案をボツにされる【20代の不格好経験】~株式会社ispace COO 中村貴裕さん

前のページ 1 2
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。