体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「手羽元のさっぱり煮」のスープで翌日つくる、極上ラーメンの味とは

f:id:Meshi2_IB:20170601012018j:plain

すっぱおいしい手羽元のさっぱり煮……と見せかけて煮汁のほうで麺をいただく大作戦

手羽元を酢と醤油ですっぱめに煮込む料理、一般に「さっぱり煮」と呼ばれるアレ。

お酢の力でお肉が柔らかく仕上がり、すっぱさによって食欲がないときでもわりと食べられ、疲労回復効果でおなじみのイミダペプチド(イミダゾールジペプチド)が含まれる鶏肉料理。

うまさと健康、まさにいいことづくめです。

f:id:Meshi2_IB:20170601011930j:plain

そうそう、これこれ。こういうの。

おいしいですよね。

ところで煮物の汁って捨てちゃいますか。

煮汁が欲しいので煮物を作る、みたいな本末転倒な目的じゃダメですか。

f:id:Meshi2_IB:20170601011941j:plain

この煮汁をスープにしたラーメンがどうしようもなくオイシイんですけど。

骨から出たダシ、酸味と甘みを持つスープ。これって東南アジアを思わせるすっぱしょっぱい麺にちょうどいいんです。

そう。

目的は手羽ではないのです。

翌日に激ウマ麺を食べるために、今日手羽元を煮るのです。

まずは手羽元のさっぱり煮をつくる

さっぱり煮は酢と醤油で鶏肉を煮る料理です。

酢と醤油の割合は〈酢:醤油=2:1〉。

今回の具の量の場合、酢200cc、醤油100ccでやってみました。

f:id:Meshi2_IB:20170601012022j:plain

材料(二人分)

手羽元(チキンウイング)12~15本 卵 4個を固ゆでにしておく

煮汁 醤油 100cc 穀物酢 200cc 砂糖 50g にんにく 1~2片 ショウガ にんにくと同じくらい 水 100cc(最初の段階)

f:id:Meshi2_IB:20170601011821j:plain

にんにくはレミイズムを発揮して案の定ボウルの底でたたき潰し、ショウガはスライスします。臭み消しですが、気持ち多めにしたほうがあとあと楽しいです。

f:id:Meshi2_IB:20170601011826j:plain

あらかじめ計量した砂糖50g。

f:id:Meshi2_IB:20170601011832j:plain

酢、醤油、砂糖、水100cc、にんにく、ショウガを鍋に一気に入れて火にかけます。

水で割らないと調味料だけを煮立てることになり、ちょっとキビしいですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170601011837j:plain

煮立つまでの時間を利用して手羽元を用意。グラム68円。安い。

14本で1キロくらいになりますね。

f:id:Meshi2_IB:20170601011846j:plain

ペーパータオルでくるんでぎゅっと握って水気を拭き取ります。

ここ、わりとおいしさポイントです。臭みがダンチです。

f:id:Meshi2_IB:20170601011852j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。