体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「旅先では何をしているんですか?」クアラルンプールで考えた答え|清水直哉 / TABIPPO代表

最近、各方面で多動力という言葉が話題になっている。ホリエモンが「多動力」という本を新しく出版したことが、この言葉を盛り上げている一番の理由なのだが、それ以外にもいろんな人がこの言葉をポジティブな意味合いで使いだしている。

もともとは、高城剛氏が生み出した言葉と言われているのだが、彼もまた「多動」を体現する人物であり、「同じ場所には3日といられない」と断言する。

 

こんな特集もNewsPicksでやっているので、ぜひチェックしてみて頂ければと。
【特集】多動力の元祖、高城剛。ホリエモンと人類の未来を語る

さて、何が言いたいのかと言うと、僕らTABIPPOで働く人間もおそらく同じ部類の人間なのだろう。「同じ場所には3日といられない」とまでは言わないまでも、出来る限り「移動」をすることで人生に刺激をもたらしたいと思っているたぐいの人間だ。

 

場所と時間に縛られない働き方を

 

(マレーシアで飲んだタイガービール)

僕らTABIPPOは「旅するように働き、旅するように生きる」というポリシーを掲げている。具体的に言うと「場所と時間に縛られない働き方」を実現するということ。

できる限り場所に縛られないこと、そして、できる限り場所に縛られないこと。それを目指して、会社を経営している。「そんなことが出来るわけない」とバカにされることも多いが、本人たちは至って真面目である。

 

そしてもちろん僕も、基本的には「同じ場所にいることができない」=「多動」な部類の人間である。いつも東京の代々木にあるオフィスに閉じこもっていては、自分のアイデアが飛躍しないのを知ってるし、受ける刺激の量に物足りなくなる。そんな人間だ。

ということで、今回は久しぶりに「初めて訪れる国」であるマレーシアを旅した時に感じたことを書こうと思う。

 

清水直哉 TABIPPO代表

《PROFILE》 旅の魅力を伝える世界一周団体を経営をしてます。理念は「旅で世界をもっと素敵に」、仲間達と本気でやってたら株式会社になってました。働く人がほぼ世界一周経験者、旅するなら会社を休める、そんな変な会社をやりながら理想の働き方と生き方を追求中です。カレーとトマト、ビールとコーヒーが好き。

 

当たり前に旅が出来る時代への感謝

(AirAsiaはマレーシアの航空会社)

7/3の夜、23:45のフライトでマレーシアのクアラルンプールへ。AirAsiaのフライトなので、みんなが想像するよりもはるかに安い値段でクアラルンプールまで飛ぶことが出来る。今や、国内を旅するよりもLCCでの移動が安い時代だ。

ちなみに、海外旅行が自由化したのは1964年(昭和39年)の話。これより前は、留学・移住などの目的をもった人以外は海外を自由に訪れることができなかったのです。

 

1964年なんて、たったの50年ちょっと前の話なのだから不思議な感覚。こうやって海外旅行を自由に訪れることができるようになったのは、意外と最近の話というのは、事実としてはわかっていても、感覚としてはあまりわかっている人は意外と少ない。

(今回、2日間滞在したTRADERS HOTEL)

ちなみに、海外旅行が自由化した1964年に海外旅行に行こうとしたら、だいたい50万円ほどの費用がかかったとのこと。当時のお金で50万円なので、現在の通過の価値に換算するとおよそ300万円。300万円を払わないと海外旅行にいけないのだ。

この時代に生まれてよかった。多動な僕は、心からそう思う。

 

違いを知るための旅

(世界で1番高いツインタワーであるペトロナスツインタワー)

マレーシアのクアラルンプープと言うと、みなさんはどんな場所をイメージするだろうか?僕にはいつも、自分なりの旅の楽しみ方がある。それは自分の頭の中で想像している自分のイメージと、実際に訪れたその土地のイメージをすり合わす行為である。

マレーシアは東南アジアの国なのだが、イスラム教の国である。約60.4%がイスラム教徒なので、例えばタイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ミャンマーなど近隣にある東南アジアの国とはだいぶ文化が違う。

 

訪れてまず、最初に思ったのは単純に「あ、そうだ。イスラムの国なのか」ということであり、まず最初に目につくのはイスラム特有の文化でもあるスカーフで頭髪を隠している女性である。ちなみに、あれの種類はいろいろとあるのだが、一般的なのはヒジャブという種類のものだ(世界一周をしていた時に学んだ)。

(マレーシアではスタバの店員さんもヒジャブ)
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。