体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由

「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」

そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと嫁いだ、ふたりの日本人女性に出会った。

セブ島へ英語留学に訪れた私が、ある週末、セブ島から小舟で1時間ほどの海に浮かぶ「カオハガン島」を訪れたときのことだ。私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由

カオハガン島は、「何もなくて豊かな島」として知られている。海と島の幸を囲みながら彼女たちの話を聞くと、慌ただしい日本社会で心身ともに疲れた女子たちの心に、スっと染み入る言葉がいくつも出てきた。

忘れないうちに、ここに書き留めておこう。

ただ、この島に
いるだけで癒される。

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由今回インタビューに協力してくれたのは、ともにカオハガン島の男性と結婚し子育て真っ最中、ヨガインストラクターのよしえさん(写真右)と、京大卒という高学歴を持ちながら、どうしてここに? というほど小さな島へ嫁いだ、ゆうこさん(写真左)。

——まず、カオハガン島にやってきたきっかけを教えてください。

ゆうこさん
「島民の家にホームステイをしながら家事や仕事を手伝ったり、子ども達とアートで交流する大学生向けのスタディツアーに参加したのが、この島との出会いでした。それまで勉強ひとすじ、いい大学に入り、周囲が期待する道をまっすぐに生きてきた私ですが、就職活動をするなかで『本当にこのまま、すんなりと日本の会社に入っていいのか。常識に囚われず、自分に合った生き方を探してもいいんじゃないか?』と悩むようになりました。

以前、叔父と叔母に教えてもらったスタディツアーのことをふと思い出して参加してみると、その魅力に取りつかれ、何度も島に通うようになりました。もっともっとこの島にいたい。そんな気持ちが高じて、ついには長期滞在を始めたんです」

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由

よしえさん
「私の場合は、日本で働いていた雑貨店で『カオハガン・キルト』を販売していました。『どうやら小さな島でおばちゃん達がチクチクとキルトを縫っているらしい、一体どんな島なんだろう?』と、興味の赴くまま島を訪れました。それが7年前。そして不思議なことに帰国して2年くらい経った頃、カオハガン島のことをしみじみと思い出したんですね。『日本はこんなに慌ただしいのに、あの島は、本当に時間がのんびり流れていて、いるだけで癒されたなぁ』って。

そうして何度か島を訪ねているうちに、島に住んでみたいという気持ちが膨らみました。偶然、帰国中だった島のオーナーである日本人の崎山克彦さんにお会いする機会があり、『島に住んでみたいんです』と申し出たら『え? いいよ。おいでよ〜』と、まるでお家に誘うように明るく言っていただきました。直感で生きるタイプの私は、迷うことなくそれまで歩んできた日本での人生を全部脱ぎ捨て、移住してきました。この流れが、非常に自然で。なんだか島に導かれるようでしたね」

「痛いほどの感謝」が
こみ上げてきた。

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由——具体的には、この島のどんなところに魅かれたのでしょう?

ゆうこさん
「人間がとても人間らしいところです。私は昔から『何のために生きるのか?』ということに関心があって。たとえば、島のスタディツアーでは、その日の夕飯に食べる豚の命をいただく瞬間を朝に見る機会があるのですが、島民たちは日本の学生がそうしたことから目をそらし、自分の命を支えてくれている生き物への感謝を忘れていることに対して、違和感があるそうなんですね。

実際に、その日のご飯がどのようにして食卓に運ばれてくるのか目の当たりにすることで、痛いほどの感謝がこみ上げてきました。そして、こうしてたくさんの命に生かされていることが、どんなに尊いことか、理解できたのです。自分自身も自然の一部であり、限りある命を生きている。島に来て、一人一人が自分の命に感謝し、その命をまっとうする人生が、人間にとって一番良いんじゃないか? という自分なりの答えが出ました」

よしえさん
「大きな自然に囲まれている島の中で、人間や動物が調和して生きているところです。眩しく照らす太陽からエネルギーを、心地よく吹く風から癒しを、海からの恵みをいただく。それに感謝しながら、のんびりと過ごすシンプルな生活を送る島民たち。

初めて島を訪れた際に、村を散策していると、手招きされ「食べて行ったら?」と、家族団らんの食事に誘われました。竹のテーブルの上に盛られた山盛りのご飯と魚のスープ。ほんの一瞬、島を訪れているだけの旅行客をこんなにも自然に受け入れ、迎えてくれる島民の温かさに感動しました。その輪の中に入ってしまえば、もう家族になってしまったのではないかと思える人懐っこさが、今まで感じたことのない感情を呼び覚ましました。心のどこかに小さな明かりが灯ったような、とても心地よい感覚。この感覚をずっと感じていたいと願ったのを覚えています」

「夫からのアプローチで
始まりました」

私たちが、何もない「フィリピンの小さな島」に嫁いだ理由
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。