体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

馬肉専門ワインバル「馬肉バル跳ね馬」で5種類の馬刺しを食べ比べた【別視点ガイド】

f:id:matsuzawa7:20170629152414j:plain

レア気味に焼かれた、見るからにジューシーでおいしそうなお肉。

なんのお肉かお分かりでしょうか。

そうです、馬肉なんです。

f:id:matsuzawa7:20170629153657j:plain

うかがったのは馬肉専門のワインバル「馬肉バル跳ね馬 三田店」です。

三田と池袋にワインバルを2軒、同じく三田にビストロ風のお店を1軒、計3店舗の馬肉専門店を展開しています。

f:id:matsuzawa7:20170629150447j:plain

最初は普通の居酒屋さんだったそうですが、5~6年ほど前から常に桜鍋が置いてある馬肉メインの居酒屋さんに方向転換。そこからさらに馬肉を突きつめ、いまでは差別化のきいた馬肉専門ワインバルとして人気店となりました。

すぐ近くには慶応大学がありますが、平均単価4,000~5,000円ぐらいなので学生さんよりもサラリーマンのお客さんが多いそうです。馬肉はヘルシーなこともあって、一般的な飲み屋さんより女性グループが多めだとか。

f:id:matsuzawa7:20170629143456j:plain

▲馬肉の部位はイラストで描かれているのでわかりやすいですね

f:id:matsuzawa7:20170629150553j:plain

▲お店のあちこちに馬グッズが置かれてます

f:id:matsuzawa7:20170629143527j:plain

▲帽子をかぶって馬そのものになりきることも可能です

馬刺しの5点盛りで食べ比べしよう!

f:id:matsuzawa7:20170629150321j:plain f:id:matsuzawa7:20170629145955j:plain

▲使用している馬肉はカナダ産。輸入先はカナダ、アルゼンチンが多いそうです

馬肉は牛や豚と比べて低カロリーで高たんぱく。

たんぱく質も鶏肉よりちょっと高くて、鉄分も多く含まれています。

f:id:matsuzawa7:20170629151101j:plain

国内ですと馬肉料理は熊本や会津が盛んですが、世界的には馬肉を食べない文化の国もたくさんあります。

店長さんいわく、海外のお客さんに「馬肉のお店ですよ」と伝えると「馬は食べられない」と帰ってしまうことがあったり、焼いたものは食べられても「刺身はムリ!」と手をつけない方もいらっしゃるんだとか。

f:id:matsuzawa7:20170629151436j:plain

▲馬刺し5点盛り 1,922円

こちらが人気メニューの馬刺し5点盛りです。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。