体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インターネットに次ぐ大革命「ブロックチェーン」で、私たちの暮らしはどう変わる?

articleTalkThumbs[‘a’] = ‘https://tspace-prod.s3.amazonaws.com/articles/72990cf01358ffd05e4639236519709e.png’;
articleTalkThumbs[‘c’] = ‘https://tspace-prod.s3.amazonaws.com/articles/0736325b3459947673c41c048dc36e84.png’;
articleTalkThumbs[‘i’] = ‘https://tspace-prod.s3.amazonaws.com/articles/eb103a0312d5db17d4cc48f78c38729a.png’;
articleTalkThumbs[‘m’] = ‘https://tspace-prod.s3.amazonaws.com/articles/10bb2aa0f1a25fd61f2c27c5dfb2512a.png’;
articleTalkThumbs[‘s’] = ‘https://tspace-prod.s3.amazonaws.com/articles/96f0274de810460cbc18923ea190b96a.png’;

インターネットの出現に次ぐ大革命、それがブロックチェーンなんだという。

たかがデータベースというなかれ。こいつが世の中の仕組みを根底から変えてしまいかねないというのだ。そのわけを聞かせてもらおうと、我々は「Blockchain EXE(ブロックチェーン エグゼ)」というエンジニアコミュニティを訪ねた。


「Blockchain EXE : Meetup #1」登壇者のみなさん。左から、森住 祐介さん(日本IBM株式会社 BlueHub)、Anditto Heristyoさん(DG Lab)、石井 敦さん(クーガー株式会社CEO)、町 浩二さん(トライデントアーツ株式会社代表取締役)、茂谷 保伯さん(KDDI株式会社)

彼らは、ブロックチェーン革命を日本から起こそうという若きテクノ・サムライたちだ。

そもそもブロックチェーンとは?

――単刀直入に聞きます。ブロックチェーンって、なんですか?

c「従来のデータベースというのは、データセンターとかの巨大なコンピュータ群がドーンとあって、そこにデータをためていくもので、中央集権型なんて言っています。ブロックチェーンはそれとは違って、大勢の参加者がインターネットなどのネットワークを通じて自分のコンピュータでデータを共有しあう、分散型自立システムというものなんですね。」

――たとえば1万人が参加するデータベースなら、1万人がデータを共有するわけですか? そうしたら、データがバレバレじゃないですか?

c「ところが、そうではないんです。データ自体は見れますが、名前や住所などの個人情報はブロックチェーンに書き込まないことで誰のデータか分からない仕組みになっています。そしてここが肝心なのですが、1万人がデータを共有しているので、データを改ざんしようと思ったら、少なくとも半分より多く、5001台以上のPCのデータを同じように書き換えなきゃならない。そんなこと、現実的にほぼ不可能です。つまり、データを改ざんすること自体がそもそも不可能なのがブロックチェーンなんです。」

――それにしても、なぜブロックのチェーンって名前なんですか?

i「たとえば、ある出来事を起きた順に記録するだけのデータベースを考えてみましょう。ブロックチェーンでは、一定時間の範囲で起きた出来事をまとめてひとつのブロックにします。時間経過と共にこのブロックがどんどんできて鎖のようにつながっていく。それでブロックチェーンと言うんです。前のブロックのアウトプットが次のブロックのインプットになっています。これによって一つのブロックを改ざんするとそれ以降のブロック全てを改ざんしなければならなくなります。これがブロックチェーンが改ざんに強い仕組みです。」

――なるほど〜。

ブロックチェーンが安全・安心であるカラクリ

――ということは、絶対に改ざんされない安全なデータベースがブロックチェーンってことですか?

c「それだけではありません。たとえば共有されることで参加者全員が監視することになるので不正が極めて難しい。しかも、中央にドンと置かれた巨大コンピュータ群が必要ないので、身軽で安価で安全。ほかにもさまざまな長所があります。」

s「加えて重要だと思っているのは、今のインターネットが「情報のインターネット」だとしたら、ブロックチェーンがもたらすのは「価値のインターネット」ということなんですね。」

――価値のインターネット・・・・・・?

c「昔、インターネットが登場したばかりの頃、誰でもテレビ局が持てるとか、誰でもタレントになれるとか言われたのですが、それが実現したのは20年後の今ですよね。小学生の憧れの職業のベスト10にYouTuberが入るくらいですもん(笑)。同じように、ブロックチェーンの出現によって、やがて誰でも銀行がつくれるようになると思うんですよね。」

――僕でもですか?

c「たぶん(笑)。ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインのシステムとしてすでに活躍しているのですが、それは誰が誰にいくら支払ったかというお金の移動が正確かつ透明に記録されるからなんです。つまり、スーパーコンピュータやそれを管理する大企業がなくても、ブロックチェーン自体の仕組みが自動的にお金の移動という取り引きを安全に行ってくれる。それが「価値のインターネット」と言われるゆえんです。しかも、大きな投資をしなくてもブロックチェーンは始められる。インターネット内での取り引きだから、ATMも店舗もいらない。さらに、将来的には貸し付けや投資などもブロックチェーンを使って出来るようになるでしょう。だから、誰でも銀行がつくれるというわけです。」

――要するに、既存の銀行みたいに大勢の人間や建物や設備がなくても、取り引きを可能にしてくれる超便利なシステムがブロックチェーンだということなんですか?

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。