ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「最近の若者は…」と境界線を引きたがる“老害”と言われる人の共通点

“老害”という言葉を聞いて何を思いますか?自分には無関係?お年寄りだけが気をつければいいこと?

 

いえいえ、それは大きな間違い。古い考え方を変えようとせず、キャリアや年齢だけが上という一点で、組織やチームの活性化を阻む人を“老害”などと揶揄しますが、ふと気づけば、あなたも周りから煙たがられる存在になっているかもしれません!

 

周囲から疎まれないようになるためには“老害”と言われる人の共通点をさぐってみましょう。

SPA! 2016-06-14 発売号
Fujisan.co.jpより

 

主語が“私”になっていないか? 

“老害”と呼ばれる人は、いつだって自分が正しいという思い込みを持っています。

自分が常識人であり、それが世の中の一般的な考え方。年齢も経験値も自分のほうが上ということもあり、「あなたは間違っている」という前提で、相手を批判してきます。

 

でも、何が正しいかなんて見方や状況によって変わるもの。まずは相手目線に立ち、主語を“相手”にして考えてみましょう。なぜ、あの人はそういう判断をしたのか。なぜ、後輩はそう思ったのか。批判する前に一呼吸するだけで、かける言葉は変わってくるはずです。

 

謙虚さ、素直さは美徳。間違ったときは反省

いくつになっても新しく知ることがあるはずです。むしろ、学ぼうとする意欲がなくなり、自分の中の凝り固まった考え方を押し付けていては、周りが迷惑するだけです。

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があるように、わからないことは素直に聞きましょう。相手が年下でも、後輩でも「教えてください」のひと言が言えるかどうかで、人柄や人となりが伺えます。間違えたときにも素直に謝ることで、あなたの謙虚な姿勢が伝わり、人間関係も良くなっていきます。

 

立場を誇示して相手を蔑まない

知人の職場に“お局さん”がいるそうです。朝、出社してくると数時間は不機嫌で、そのときに声をかけようものなら、激しい“口撃”にあうため、知人含め同僚たちは戦々恐々としているといいます。キャリアも年齢も上で、誰も注意できず落ち着くのを見守るそうですが、こうなってしまっては成す術がありません。

 

これはあくまで職場の例ですが、電車遅延で駅員にクレームを言う人、コンビニのスタッフに上から目線で難癖つける人、いずれも共通する問題があります。それは「自分が偉い」という思いです。心のどこかに少しでも「年長者なんだから」「お金を払っているんだから」「お客様なんだから」という思いがあると、口調が厳しくなり理不尽な言い方をしがちです。

 

 

そんなときは自分の感情を切り離しましょう。そして何を伝えたいのかを考えてください。感情と伝えるべきことを分けて言うと、相手も冷静に受け止めてくれます。むしろ、感情的になってしまうと、ただのクレーマーとして扱われ周りから一歩引かれた扱いをされるだけです。

 

「最近の若者は……」などと突っかかり、境界線を引いていては、いつか後ろ指を指されてしまいます。職場や近所で面倒な人として認識されないためにも、今のうちから“脱老害”を心掛けましょう。

 

関連記事リンク(外部サイト)

寝苦しい夜に試したい。すぐに眠くなる“入眠儀式”はコレだ!
雨のモヤモヤも快適グッズで気分転換
一人暮らし必見!すぐに始められる観葉植物ライフ
今からでも遅くない将棋で備わるビジネス脳!『将棋』は人間力を創る万能ゲームだ
夫が死んだらサヨウナラ!?なぜいま、「死後離婚」が急増しているのか?

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy