ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 豪華すぎる悪フザケ!でもそれがいーんです! 日本では惜しくもDVDスルーとなった『ディス・イズ・ジ・エンド』を観てきたよ
  • 「ドラクロワ」「フェルメール」「ゴッホ」 『猿の惑星』名画パロディが自宅に飾りたい完成度
  • 「トンデモ設定だけど泣ける」奇跡の映画『スイス・アーミー・マン』ルーツは『もののけ姫』だった?[ホラー通信]
  • 「1年後にはひっそりと海外や田舎で復活していたい」与沢翼が栄光と転落を語る
  • こだわりの“血のり”が大噴出ッ!! 日本の劇画を実写化したイタリア発スプラッター『アダム・チャップリン』 【未体験2014】
  • 【今週公開のコワイ映画 2015/6/19~6/25】 シリーズ最終章『呪怨 ーザ・ファイナルー』
  • なんかツイテない……と思ったら神様の仕業かも?!  映画『神様メール』の“不快な法則”
  • 『ライチ☆光クラブ』で“人造人間”を熱演! 杉田智和「人でない者の方が命の尊い意味を知る映画」
  • 【動画】映画『Killing of a Sacred Deer(原題)』、ニコール・キッドマンとコリン・ファレルが出演する不気味なトレーラーが公開
  • 【動画】『SHERLOCK/シャーロック』のシーズン4、べネディクト・カンバーバッチが暗い秘密を抱える
  • 乃木坂46生駒里奈さん主演の『コープスパーティー Book of Shadows』に欅坂46の石森虹花出演が決定! 坂道シリーズの共演に胸熱! 
  • 華は無いけど面白い! “地味ッションインポッシブル”な映画『崖っぷちの男』
  • 【独占記事】レベッカ・ファーガソン、ヒュー・ジャックマン主演の映画『The Greatest Showman (原題)』に出演決定
  • メグ・ライアン、デリア・エフロン脚本のロマンティック・コメディ映画『The Book(原題)』を監督
  • B級・お笑い・POV・ゾンビも…… 2015年公開ホラー映画を予告編で振り返る『“コワイ映画”勝手に予告編大賞』[ホラー通信]
  • 骨と皮のガリガリ姿からハゲ頭のデブまで! 体型を変幻自在に操るクリスチャン・ベイルが新作での役作りを語る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

D・アルバーン/チャーリーXCXら参加、新進気鋭プロデューサーが放つ渾身のデビューAL / 『Mura Masa』Mura Masa(Album Review)

D・アルバーン/チャーリーXCXら参加、新進気鋭プロデューサーが放つ渾身のデビューAL / 『Mura Masa』Mura Masa(Album Review)

 英ガーンジー島出身の音楽プロデューサー、アレックス・クロッサンがソロ名義のMura Masaとして、デビュー・アルバム『Mura Masa』を2017年7月14日に発売した。Mura Masaは、2014年にミックステープ『サウンドトラック・トゥ・ア・デス』、2015年にEP盤『サムデイ・サムウェア』を発表しているが、スタジオ・アルバムは本作が初のリリースとなる。

 左サイドに横書きでタイトル名、右サイドに縦書きでゲストの名前が書かれたアートワークは、デザイン会社のCold Heart Collectiveとタッグを組んで制作されたものだそう。中央にはマイケル・ジャクソンのように斜めに傾くMura Masaの写真がプリントされている。この、インディー・アルバムのようなヤッツケ感も、決してダサくならないところが凄い。

 ジャケットにもクレジットされたゲスト・ミュージシャンが豪華。人気ラッパーのエイサップ・ロッキーとデザイナー、ポップ・シンガーのチャーリーXCXといった著名から、R&Bシンガーのナオ、そのナオのプロデュースなどを担当するA・K・ポール、同イギリス出身のミュージシャン、ジェイミー・リデルとデーモン・アルバーン、フランスの女性シンガーソングライター、クリスティーヌ&ザ・クイーンズなど、Mura Masaらしい人選ともいえる、質の高い実力派たちが参加した。

 本作からは、2015年5月にリリースされた「Firefly」をはじめ、7曲の先行シングルが発表された。2ndシングルの「What If I Go?」は、ゲストに注目の女性シンガー、ボンザイを迎えたカラフルなナンバーで、3曲目にリリースした「Love$ick」は、90年代を彷彿させるヒップホップ・チューン。トラップを取り入れた「All Around the World」や、ニューウェイブ調の「Helpline」、アジアのテイストを取り入れた「give me the ground」、独特の世界観を演出する「Who Is It Gonna B」や「Second 2 None」など、Mura Masaのセンスが光る、バラエティ豊かなアルバムに仕上がった。デビュー作に相応しい名盤といえる。

 Mura Masaは、2018年1月に東京・恵比寿のリキッドルームで来日公演を行う予定。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『Mura Masa』
Mura Masa
2017/7/14 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

Mura Masa、2018年1月に来日公演が決定
Mura Masa、ニューALにデーモン・アルバーン/デザイナー/NAOらが参加
Mura MasaのデビューALが遂に完成、チャーリーXCXとのコラボ曲を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。