ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【T&S×Runtrip】上陸難易度超A級! 東京の秘境「青ヶ島」へ絶景ラン

走った距離やルートをスマートフォンのGPSで記録したり、日々の走行データをスマートフォンのアプリで仲間と共有したり、走っている途中で見つけた絶景をスマートフォンで撮影してSNSに投稿したり・・・・・・。もはや「ランニング」と「通信」は切っても切れない関係です。

そこで、魅力的なランニングコースを紹介するWebサービス『Runtrip』と、KDDIがお届けするデジカル系情報マガジン『TIME & SPACE』がコラボレーション。「ランニング」と「通信」をテーマにした企画を様々な切り口でお届けしていきます。

今回は、『Runtrip』でおすすめのランニングコースを紹介しているコースディレクターのひとりであり、ランニングインストラクターとして活躍する浦谷美帆さんが、東京の秘境「青ヶ島」へラントリップ。その模様をレポートしてもらいました。

上陸すること自体が難しい“絶海の孤島”

こんにちは。ランニングインストラクターの浦谷美帆です。

東京の秘境、青ヶ島に行ってきました! 東京から358km南に位置するこの島は、伊豆諸島最南端の小さな島。行政区分では東京都青ヶ島村に属し、人口は約160人。日本一人口の少ない村でもあります。

青ヶ島に関して特筆すべきは、 “絶海の孤島”と呼ばれるほどアクセスが超困難なこと!

この島へ行くには、まずは羽田から八丈島へ飛び、そこからヘリコプターを利用します。それしか上陸する手段がないのですが、船は就航率が50%~60%で欠航することも多く、ヘリコプターは1日1便のみで座席はわずか9席!

今回、私はヘリコプターを利用したのですが、席の確保がまた超困難。チケットは1カ月前から予約が始まるのですが、朝9時に電話受付が始まると同時に、9席しかない席はすぐにいっぱいに。予約がとれるまで半年近くかかりました・・・・・・。

というわけで、ようやく行くことができた青ヶ島。今回は前回の美ヶ原編に続いて『TIME & SPACE』とのコラボ企画ということで、青ヶ島でauのスマホが使えるか、ところどころでチェックしながら、ラントリップしてきました。その旅路を振り返ってみたいと思います。

参考記事:【T&S×Runtrip】初心者におすすめ! スマホがつながる美ヶ原へ絶景ラントリップ

飛行機とヘリコプターを乗り継いで、いざ上陸!

出発当日、まずは朝7時30分羽田発のANA1891便で八丈島へ向かいます。

羽田から約50分で八丈島に到着。天気はあいにくの曇り空です。

八丈島空港内にある東京愛らんどシャトル(ヘリコプターの運行会社)のカウンターで搭乗手続きを済ませて・・・・・・。

いざ、9時20分発の青ヶ島行きのヘリコプターに乗り込みます!

実は私、ヘリコプターに乗るのは今回が初めて。音と揺れが気になったものの、機内は思いのほか広く、窮屈さは感じませんでした。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy