体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネット系女子!】SNSで大ブーム! 「彼女とデートなう」の産みの親・鹿目凛さん

いまどきのネットを騒がせている女性たちを紹介する「ネット系女子!」。22回目はアイドルグループ「ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)」に所属するアイドル、「ぺろりん」こと鹿目凛さん。

「ぺろりん」というニックネームでも親しまれている彼女は、アイドルとそのファンを描いたイラストを「ぺろりん先生」としてTwitterやブログに投稿したことで注目を集め、フォロワーが急増。その後イラストを投稿し続け、ついにはフォロワーが10万人を超えるほど人気者に。

今年2月には、彼女とデートしているようなフリー素材を載せた「『彼女と焼肉なう!』って使っていいよ!!!!」ツイートがファンを中心に話題となり、声優の山寺宏一さんが「彼氏とデートなう。に使っていいよ。」とツイートしたことでTwitter上で大ブームが巻き起こりました。今では一般人から著名人まで、こぞって「彼氏・彼女とデートなうに使っていいよ」というコメントとともにSNSへ“デートしている風”の写真を投稿しています。

一大ムーブメントを巻き起こした鹿目凛さん。イラストレーターやデザイナーとしてもマルチに活躍しているそうですが、一体どんな人物なのでしょうか?

SNSでバズるための「彼女とデートなう」


鹿目さんはベボガ! の衣装のデザインもつとめる。「今日の衣装は夏をテーマに、ひまわりをモチーフにしてデザインしました」

――「彼女とデートなう」がSNSで大流行していますが、反響の感想は?

「正直びっくりしてます! 自分から『使っていいよ!』って言っておきながらなんですけど、実際に私の写真を使って『彼女とデートなう』とツイートしてくれる人を見ると、『私なんかを使ってくれてありがとうございます!』って思います(笑)」

――山寺宏一さんのツイートがきっかけで、アイドルファンだけじゃなく一般の人たちにも知られるようになりましたね。

「はい! ただ、山寺さんのツイートは『彼氏とデートなうに使っていいよ』ですけど、元は『彼女とデートなうって使っていいよ』なんですよ。『に』が『て』だったらなあってちょっと思ったりしますね(笑)」

――「彼女とデートなう」をツイートしたきっかけを教えてください。

「メンバーと一緒に焼肉に行ったときに写真を撮ってもらったんです。撮影した写真をどうやったらバズるかメンバーと相談して、あの文面になりました。最初のツイートでフォロワーさんが200〜300人くらい一気に増えて手応えを感じたので、『彼女とデートなう』シリーズを始めました」


「彼氏・彼女とデートなうに使っていいよ」ブームを巻き起こした珠玉のファーストツイート

――写真がキモでもあるようですよね。写真を撮るときのコツを教えてください。

「彼氏が撮影した写真という設定なので、ちょっと高い位置から見ている風になるよう角度を調整したり、自然な表情で写るようにしています。最近は友だちも積極的に撮影に協力してくれるようになって、たとえば、コンビニでアイスを買ったときに、友だちから『あれ、彼女とアイスなうって撮らなくていいの?』って提案されることもあります(笑)」

――「彼女とデートなう」の写真を撮るときはどんなアプリを使いますか?

『Foodie』というアプリをよく使ってます。もともとは食べ物の撮影に特化したアプリなんですけど、人を撮影してもおしゃれな雰囲気に仕上がるんです。私は、まずスマホのカメラで撮影したら、そのデータを『Foodie』で加工して、さらにインスタグラムで明度やコントラストを調整しています」


鹿目さんのスマホのホーム画面。壁紙は鹿目さんの自室の写真

アイドルとイラストレーター。異なる役割

――鹿目さんといえばイラストも有名ですよね。

「いえ、描いていませんよ」

――あれ? 可愛らしいイラストをSNSにアップしていますよね?

イラストを描いているのは鹿目凛やぺろりんじゃなくて『ぺろりん先生』なんです。鹿目凛やぺろりんは同一人物で、ベボガに所属するアイドルなんですけど、『ぺろりん先生』はTwitterでふたりのためにイラストを描いて、知名度をあげようとしてくれているんです。ふたりはぺろりん先生の方が名前が売れているから、負けないようにアイドル活動を頑張っています!」


左/主に夏の対バンイベントでパフォーマンスが一番よかったアイドルに使うイラスト 右/良いチェキが撮れたライブ帰りのファンなどを描いたイラスト

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。