体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【終わった恋の忘れ方】弾丸トラベルで知り合った男性と二人で…【旅×恋愛小説】

20170703_rough_003sasikae

人気作家の「新井夕花」さんと、人気漫画家の「雨宮うり」さんのコラボレーション小説が誕生!

失恋で落ち込む主人公の小梢。傷心を癒すための旅先で、同い年の道端直樹と出会い、様々な“偶然”が二人を結びつけ、最後には……!?

登場人物

遠野小梢(とおの こずえ)

25歳。主人公。下着メーカーで働くOL。

明るい性格で、順応性あり。

仕事への姿勢は真面目だけれど、お酒も好き。

道端直樹(みちばた なおき)

25歳。旅先で出会った男性。企画会社勤務。

友人からの信頼が厚い、常識人。

ただし、女性には強引なところを見せる時もある。

STORY

大学時代から4年付き合った彼と、先週めでたく破局した。

「何言ってんの、全然めでたくないから!」

ホント、めでたくない。そんなことわかってますよーだ。

でもね、友よ。めでたくとでも言わなきゃ、このショックをどうやり過ごせばいいのかわからないの。

「お兄さん! ウーロンハイおかわり!」

終わった恋の忘れ方

空になったグラスを居酒屋のバイト君に掲げると、呆れた友達がグラスを奪い取った。

「小梢、もうやめときなって。飲み過ぎだよ」

いいの。飲み過ぎ上等、今日は飲みまくる! んで、吐きまくってやる。

吐いて吐いて、彼との4年分の思い出もついでに排水溝に流してやるんだから。

グラスを奪い取られた手を挙げたままテーブルに突っ伏す。

「あーあ、好きだったのになぁ。ひそかに結婚とか考えてたのになぁ。夏には旅行しようって約束してたのになぁ……」

今までもこれからも、ずっと一緒だと思ってたのになぁ。

「やめなよそういうの、痛々しいから」

そう痛々しいの私。自分でもわかってるんだけど、切り替え方がわからない。

だって4年も一緒にいたんだよ。彼との時間は当たり前にある日常だったから、どうやって失った時間をやり過ごせばいいのかわからなくて……。

「そうだ! 旅行に行こう!」

突然そう思い立ち、スクッと立ち上がると、友達が驚きながらも頷き。

「いいんじゃない、気分転換になって。明日から連休だし行ってきなよ。毎晩、飲み歩いてるより、ずっと有意義だと思うよ」

だよね。そう思った私は、勢いのまま行先を決めネットで予約を取った。

旅行って意外と簡単に行けるんだ。

ネットで宿の予約を取って、あとは乗り換えアプリで調べれば行き方も教えてくれる。

しかも都心から1時間ちょっとで行けるなんて、ちょっと驚き。

なーんだ、こんなことならもっと早くこうしておけばよかった。

2、3回飲みに行ったと思えば、それくらいの料金で行けそうだし。

まあ、友達が「ペンションの予約取ったの、忘れてないでしょうね」と電話をくれなかったら、二日酔いで今頃まだ寝てただろうけど……。

慌てて駆け込んだ電車はそこそこ混んでいて、とりあえず目に入った空席に座る。

窓側の席に座っていた男性が、一瞬こちらを見た。隣に座られて迷惑なのかと思い、小さく頭を下げた。

「すみません」

「いえ」

終わった恋の忘れ方

構いませんよ、という感じの声を出したその人が、持っていた文庫本を開きなおす。

チラッと横から見えた本のタイトルに覚えがあり、それ面白いですよねと言いかけてやめた。

いくらなんでも知らない人に声をかけたりしたら、怪しい女だと思われる。

そういえば最近、本とか読んでないないなぁ。大学時代はよく読んでいたのに、社会人になってからは忙しく、彼氏と時間を合わせることで精一杯だったから。

そうか、これからはまた読書とかすればいいんだ。少し忘れていたやりたいこと、好きなことをまた始めればいい。

昨日のお酒が多少残っている状態での電車の揺れは、この上なく心地よく。友達に、無事出発したことをメールで報告したあと、知らない間に寝落ちしていた。

熟睡していた私が目を覚ましたのは、隣に座っていた人が立ち上がったから。一瞬自分がどこで何をしているのかわからず慌てる。

「降ります」

そう言われて、私が邪魔で彼が通れないのだとわかり、慌ててズレると膝の上に乗っていたスマホがゴトッと音を立てて落ちた。

もう、何やってんの。熟睡はするわ、慌てるわで恥ずかしいと思っていると、彼が屈んで私のスマホを取ろうとしてくれる。自分で拾いますと言うより先に再びゴトッと音がして、今度は彼の胸ポケットからスマホが落ちた。

何となく気まずい空気が流れ、そんな状況がおかしかったのか彼がふっと笑いながら二つのスマホを拾い上げた。

「どうぞ」

「どうも……」

渡されたスマホを受け取り、今度こそ彼が降りられるように足を退けた。

頭を下げて通路を歩いていく後ろ姿をぼんやり見ながら、今どこの駅なのかと思い窓の外を見た。

ふーん、ここか。

ここって、一度は行ってみたいと思ってた場所なのよね。緑豊かで、良い所だろうなぁ。優雅な時間が流れるまさに避暑地って感じで、失恋によって荒んだ心を癒してくれるはず……。って、え、わたしもここで降りなきゃだよ!

ドアが閉まるブザーの音が鳴るから、本気で慌てた。

バッグを掴み、ダッシュで電車から飛び降りる。間一髪のところで降り過ごすのを避けられて、ホームで息をついた。

危なかったけど、とりあえず目的地に着けてホッとする。

あとは時間までブラブラして、予約したペンションに向かうだけ。となると気がラクになり、お腹が減ってくる。駅周辺の店をふらふらと見て回りながら、おすすめを検索しようとポケットからスマホを出すと……え、あれ?

見慣れないロック画面には、なぜか子猫の画像。ヤバイ、何この可愛い猫ちゃん!

クッションの上で、丸まって目を閉じている真っ白の子猫はとても幸せそうで思わず頬が緩む。

可愛い。たまらなく可愛い。嫌がられながら、ワシャワシャしたい。

いや、そうじゃなくて……。これ私のじゃない。だって私の待ち受けは、こんなに可愛い子猫じゃないもの。じゃあ誰の?

そうか、さっきの人だ!

カバーを付けていない同機種は、当たり前だけど見分けがつかない。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。