ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“純血種”ながらも軽快操作な魔界アクションゲーム『マルディタカスティーラ』

1980年代初期から終わりにかけ、アーケードゲーム市場では数々の手強い横スクロールアクションの名作が生まれた。

だが、時代はパズル、対戦格闘に傾倒していき、横スクロールアクションの新作は減少。気づいた頃には、その存在自体が過去の遺産となってしまった。

当時、その手のゲームに魅了されたスペイン在住の二人のプレイヤーは、新作が消え失せたことに不満を募らせていた。そして、しびれを切らした彼らはある日、一大決心をする。
だったら、自分達で作ってしまえ!」…と。
 
image8
 
そんな経緯の末に生まれたのが今作、『マルディタカスティーラ ドン・ラミロと呪われた大地』だ。新作が出ないことにしびれを切らした二人のプレイヤーこと、個人開発者のLocomalito、Gryzor87の両氏によって制作され、2012年にフリーゲームとして公開された。

その4年後にはAbylight Studios、YoYo Gamesの協力を得て、パワーアップ版の『MalditaCastilla EX』がSteamで配信。プレイステーション4、XboxOneにも移植された。日本でも同年12月、プレイステーション4版がフライハイワークスよりリリースされている。

見た目からして、80年代の横スクロールアクション全開の今作。後発のパワーアップ版(兼日本語ローカライズ版)を軸に置く形で、その魔界な魅力を紹介していこう。

遊びやすくて良心的な、「魔界」アクションゲーム

image9
 
時は西暦1081年。戦争で恋人を失い、深い悲しみの中に陥った少女モーラは古代の悪魔に惑わされ、その涙を鍵に魔界への扉を開いてしまった。やがて悪魔の軍勢がカスティーラ王国を襲い、滅亡へと追いやってしまう。
 
image3
 
悪魔の軍勢が迫りつつあるトロメラ王国の王は、騎士ドン・ラミロとその部下達に悪魔討伐を命じる。王の命を受けた彼らは、悪魔達のはびこるカスティーラ王国へ向かい、その根城とされる魔界を目指す…というのが大まかなストーリーだ。
 
image4
 
内容としてはステージクリア型で、ゾンビを始めとする魔物達を「ソード」を始めとする武器を撃ち込みながら倒しつつ、最後に待ち構えるボスの撃破を目指す、単純明快な作りとなっている。

主人公が騎士。武器を撃ち込む形で敵を攻撃する。ゾンビも出てくる。ついでに、立派なヒゲを生やしている

それらの要素から、80年代からゲームに親しんでいる世代のほか、90年代の家庭用ゲーム機のアクションゲームを楽しんできた世代も、某有名メーカーの「魔界のアレ」を連想することだろう。

正直なところ、筆者も初めて今作を見た時、「魔界のアレ」を連想した。同時に鎧が「パリーン」として、「パン・ツー」が丸見えになっちゃうあの姿も浮かんだ。更に言うなら、赤い悪魔の先生も。
 
image10
 
実際、どうなのか?結論から言うと、イメージ通り
紛れもない、魔界アクションゲームである。「純血種」と言っても良い。
 
image6
 
一方で「遊びやすさ」への工夫にも注目。特に操作性が素晴らしく、ジャンプ動作には少し慣れが必要かもしれないが、移動、攻撃と言った基本アクションの反応が軽快。プレイヤーの思うがままに動いてくれる気持ちよさに満ちている。
 
image11
 
難易度もランダム要素を抑えているので、失敗してやり直しを繰り返すにつれ、確実な突破法が分かってくる調整。更にライフ制が採用されているため、多少のミスを許してくれる。
 
image12
 
普通にエンディングを目指した場合の難易度も、そのような調整というだけあって、悲鳴をあげたくなるほどの厳しさはない。

しかしながら、今作には複数のエンディングが用意されており、その内の完璧なエンディングを目指した場合だと、推定四~五倍の難しさに跳ね上がる。ただ、これも前述の難易度調整によって、気持ちいい達成感が味わえる「手ごわさ」を描けている
 
image13
 
なので、魔界な難しさはあれど、その味は決定的に異なる。また、ステージごとの制限時間が99秒に固定、主人公のアクションを拡張させる装備アイテムの存在など、システムにも独自の試みが成されているので、そちらでも同様の感覚を覚えること間違いなしだ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy