ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較

変態一眼レフカメラであるSIGMA sd Quattro(シグマエスディークワトロ)を紹介します。実機を実際にさわり、レビュー、使い方、解像度、GH4との静止画像比較、中判デジタルカメラとの解像度比較、上位機種であるSIGMA sd Quattro Hとの画質比較などを行います。

SIGMA sd Quattroは、静止画の画質以外は、ネガティブな要素しかありません。それでも私はとっても満足しています。静止画を楽しむためのカメラです。

AmazonでSIGMA sd Quattroをチェック
AmazonでSIGMA sd Quattro Hをチェック

中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較

SIGMA sd Quattroとは

SIGMA sd Quattroは、「静止画」の撮影に特化した一眼レフです。4K以上の解像度で動画を撮影できるカメラが多い中、SIGMA sd Quattroは、動画を撮影する機能が一切ありません。静止画像のみです。

SIGMA sd QuattroはAPS機ながら、中判機に匹敵する画質があるとされています。たった10万円のカメラで中判並みの静止画像が撮れることが最大の魅力です。

液晶モニターも見難く、バッテリーも持ちません。5年ぐらい前のデジタルカメラのようです。本体もデカく無駄にゴツイです。シグマSAマウントなので使えるレンズも少ないです。変換マウントだってほとんどありません。ISO100以上ではノイズが増えるためISO100で撮影する必要があります。このカメラの良い点は、「静止画」の画質のみです。

中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較
SIGMA sd Quattroは、APS-Cサイズ(23.4×15.5mm、有効画素:約29.5MP)のセンサーを搭載しています。2016年12月には、上位機種としてAPS-Hサイズ(26.7×17.9mm、有効画素:約38.6MP)のセンサーを搭載したSIGMA sd Quattro Hが発売されました。

上位モデルのSIGMA sd Quattro Hは、たった十数パーセントだけ高画質です。SIGMA sd Quattroは1.5倍で35mm換算になります。SIGMA sd Quattro Hは、1.3倍で35mm換算です。センサーサイズの違いしか差がありません。
中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較
この違いを大きいと見るか、小さいと見るか。少しでもフルサイズに近づけたい人は、SIGMA sd Quattro Hを選ぶでしょう。2017年の実売価格は、SIGMA sd Quattro は70000~80000円、SIGMA sd Quattro Hは120000~130000円です。

中古のSIGMA sd Quattroは、50000~60000円で購入できます。50万とか機種によっては100万近い中判デジタルカメラなみの画質を50000~60000円で撮影できるなら、ついつい欲しくなります。

中古のSIGMA sd QuattroをAmazonでチェック

なぜ「高画質」なのかと言えば、Foveonセンサーという通常のデジタルカメラとは異なるキャプチャシステムを採用したイメージセンサーにより、とてもシャープな写真を得ることができます。

詳しく知りたい人は、メーカーページを確認ください。
https://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/features/

癖が強いSIGMA sd Quattro 使い方

SIGMA sd Quattroは、癖が強いカメラです。JPEGで撮影すると、輝度ノイズやグリーンやパープルなどのフリンジが発生しやすい傾向があります。

画質を引き出すには、RAWで撮影する必要があります。RAWは、X3Fという独自の形式です。付属の現像ソフトウェア「SIGMA Photo Pro」を使う必要があります。

※JPEGで撮影すると、輝度ノイズやグリーンやパープルなどのフリンジが発生しやすいです。こんな感じで出てきます。
中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較
ISO100以上で撮影するとノイズが増えます。ISO100固定にする必要があります。ISO100なので手ぶれします。三脚が必須です。

液晶モニターが貧弱です。色がおかしく液晶モニターを見て正しいホワイトバランスにすることは不可能です。撮影前に18%グレー等でホワイトバランスの調整が必須です。露出計もあると便利です。

中判機の静止画性能を持つSIGMA sd Quattroレビュー、使い方、解像度、GH4や上位機種Quattro Hとの画質比較
SAマウントのため豊富なレンズを選べません。SIGMAのレンズの中から選ぶ必要があります。そして一部レンズ以外はオートフォーカスなど動作が甘くなるようです。ISO100固定であることを含めて、基本的にマニュアル操作になるでしょう。

1 2 3次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。