ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家具、洋服、絵画、観葉植物……。暮らしを豊かにする、今注目のレンタルサービス4選

家具、洋服、絵画、観葉植物……。暮らしを豊かにする、今注目のレンタルサービス4選

近ごろ、従来にはなかった新しいタイプのレンタルサービスが、人気を集めている。それが、「暮らしをもっと豊かにするため」に選ばれているレンタルだ。取り扱うのは、インテリアやファッション、アート・観葉植物。レンタルサービスといえば、単身赴任などで一時的に必要とする場合に家具等のレンタルを選択するケースが多かった。また、「ミニマリスト」や「断捨離」の流行から「持たない」選択肢のひとつとしてレンタルを使うケースもあったが、イマドキのレンタルサービスの利用状況はちょっと違う。どのような人がどんな風に活用しているのか。利用者の声を交え、今注目のレンタルサービスを紹介する。

上質な家具も、レンタルならじっくり試せる!

購入時の費用が高いイメージがある家具。国内外有数ブランド7万点の家具がレンタルできる『スタイリクス』は、初期費用を抑えながらレンタルでき、気に入れば買い取りすることも可能で、3年2カ月もの間、レンタルし続けても購入した場合の費用を上回らない料金プランが特徴だ。

レンタルで始めて少しずつ料金を支払い、買うかどうかは後で決められる。月々のレンタル料は、購入した場合の費用(定価)の約3%。初期費用は、購入した場合の費用の30%に当たる申込金と、配送料・開梱設置組立料がかかる。(※申込金は解約時にキャッシュバックされ、金利や手数料は無料)。イメージとしては、購入費用を少しずつ支払っていく感じだが、長くレンタルすれば、購入した場合の費用を上回る段階がくる。そのタイミングが3年2カ月後。それまで、じっくりと使い心地を試し、自分のライフスタイルの変化を見極め、返却か買い取りかを決めればいい。

初期費用が購入費用の約3分の1に抑えられることもあり、家具の買い替えが発生しやすい引越しを機に利用する人が多いという。一人暮らしで新生活をスタートさせたM.Yさん(25歳)もそのひとりだ。初めて実家を出ることになり、家電類をそろえたら、家具を買う費用が足りなかった。でも、「適当な家具で済ますのはいやでした」と話す。「毎日使うものだからこそ、気に入った家具をそろえたい」というM.Yさんにとって、初期費用を抑えることができるスタイリクスのレンタルサービスは理想的だった。M.Yさんは、サービスに含まれているコーディネーターによるインテリア相談も活用した。【画像1】M.Yさん宅のコーディネート。「ブルーをメインカラーに」「生活感を出したくない」などのリクエストに対し、コーディネーターがシンプルモダンなインテリアを提案(画像提供/スタイリクス)

【画像1】M.Yさん宅のコーディネート。「ブルーをメインカラーに」「生活感を出したくない」などのリクエストに対し、コーディネーターがシンプルモダンなインテリアを提案(画像提供/スタイリクス)

M.Yさんのプランでは、二人掛けソファ、サイドテーブル、ダイニングテーブル、カーテンなどで、実際購入した場合は35万円相当の家具になる。申込金は10万5000円(税別)で、レンタル料は、初回月が1万3100円(税別)、2~24カ月目までは、1万1300円/月(税別)。

「実際、お店でこの金額(35万円)で売っていたら、手が出せなかったと思います」と話すM.Yさん。レンタル開始から1年がたつが、お気に入りの家具がある暮らしに満足している。当面買い取りはせず、レンタルを継続する予定だ。

「まだ20代なので、仕事やプライベートが今後どうなるか分かりません。時間をかけて必要な家具を見極めたいです」と話してくれた。【画像2】「絶対ダイニングセットを置きたかった」というM.Yさんに提案されたのは、ホテルなどでも使われているダイニングテーブルとブルーのチェア。ソファやテーブルの配置などもコーディネーターが決めてくれる(画像提供/スタイリクス)

【画像2】「絶対ダイニングセットを置きたかった」というM.Yさんに提案されたのは、ホテルなどでも使われているダイニングテーブルとブルーのチェア。ソファやテーブルの配置などもコーディネーターが決めてくれる(画像提供/スタイリクス)

代表取締役の小幡さんによると、利用者は、ライフスタイルが変動しやすい30~40代が多いという。サイズ感や組み合わせ方が分からないという声に応えて、各プランには「コーディネーターによるインテリア相談」も含まれている。また、パソコンを使った3Dシミュレーションに加え、今年からVR(仮想現実)も導入。レンタル品が届くまで実物を見ることのない利用者に対し、自分の部屋に置いたときのイメージをもってもらうためだ。

「家具が高いというイメージは一度に支払うことからくる思い込みなんです」と小幡さん。確かに、12万円のテーブルを10年使ったら1日当たり33円程度の費用なのだが、今12万円払ってくださいとなるとあきらめてしまう。だったら、使った分を支払えばいい……この発想がサービスのはじまりだったそうだ。

2003年から開始した業界初の“支払いが無駄にならないレンタル”は、「本当は、長く使える良い家具が欲しい」という利用者を掘り起こすサービスだったのだろう。現在、新しい家具との出合い方のひとつとして支持されている。欲しかったインテリアがあるなら、レンタルから始めてみるのもよさそうだ。

スタイリストがコーディネートした“自分に似合う洋服”が届く!

『エアークローゼット』が、2015年2月に日本で初めて女性の普段着に特化したオンラインでのファッションレンタルサービスを開始してから、約2年半がたつ。今や会員数は12万人を突破。利用者は、仕事や子育てに忙しい30~40代の女性が中心だ。サービスの特徴は、プロのスタイリストが一人ひとりにぴったりの洋服を“パーソナルスタイリング”してくれるところ。一度に3着ずつ専用のBOXで自宅に配送され、クリーニング・送料は不要。プランは、月に1回お届けのライトプラン6800円/月(税別)と回数無制限のレギュラープラン9800円/月(税別)。気に入った衣類は、そのまま購入することも可能だ。【画像3】3点の内訳は、トップス、ボトムス、カーディガンなどの羽織ものなど。基本的に3点組み合わせれば、おでかけができるように上下コーディネートされている(画像提供/エアークローゼット)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy