ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

橋本絵莉子波多野裕文、100名のファンに向けた初ライブを開催

橋本絵莉子波多野裕文が、1st Album『橋本絵莉子波多野裕文』のリリースを記念して、6月26日に東京・VACANTにてアウトストアイベントを開催した。
6月26日@東京・VACANT (okmusic UP's)
CDを購入した約100名のファンの前で1時間強、ミニライブとトークを行ない、ミニライブではアルバム収録曲「トークトーク」「幸男」の2曲を演奏。ライブを披露するのは今回がはじめて。 トークパートでは、今回のデュオに至る経緯や、アルバム制作の裏話なども語られた。

今回デュオのアイコンにもなっている“やばいおじさん”が出てくる「飛翔」の歌詞に関しては、橋本が「わたし過ぎる内容で不安だったんですけど、どうしても“やばいおじさん”と歌いたくて。こういう機会でもないと一生歌えないんじゃないかと思って!」とぶっちゃけると、波多野が「歌詞が送られてきた瞬間“やばい”と思って、(すぐ作業するともったいないから)しばらく頭の中でメロディーを泳がせました。自然に導かれて“化石堀り”みたいな感じでメロディーが出来ましたね」と語るなど、この場だからこそ出てくるエピソードが次々語られた。

また、サイン入りポスターを懸けたジャンケン大会が行われたほか、イベントの締めには「トークトーク」を作詞・作曲した波多野裕文が最初に作ったデモ音源(波多野ボーカルVer.)が特別披露されるなど、ファンにとってプレミアムなイベントとなった。
アルバム『橋本絵莉子波多野裕文』
2017年6月21日発売

KSCL 2950 ¥2,800+税

<収録曲>

1. 作り方

2. 飛翔

3. 幸男

4. ノウハウ

5. トークトーク

6. 流行語大賞

7. アメリカンヴィンテージ

8. 君サイドから

9. 臨時ダイヤ

※初回仕様限定

(1)デジパック仕様 (2)波多野語録 (3)やばいおじさんステッカー
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。