体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界に誇るMade in Japanメガネ!「福井県鯖江市」この道45年にかける職人の想い

長沼:後のことを考えられてないんですね。

(フレームを研磨して細かな部分まで丁寧に仕上げていく)

長谷川:順番がめちゃくちゃとかね。だけど問屋は無駄にしたくないから、なんとかせえって言われるんだよね。メガネ作りに20くらいの業者が関わる中で、製造が一番分が悪い(笑)。一番主流なのは二次加工。

長沼:二次加工っていうのは?

長谷川:セルのテンプルだけ作るところとか、部分的なところだね。機械で作れるものだから。でも製造だと、傷一つあるだけでダメになっちゃうからね。

 

メガネ職人を続けてきて

長沼:若い人が減ってるというお話もあったんですが、これから鯖江のメガネが盛り上げるために、何か考えていらっしゃることはありますか?

長谷川:職人は直接前に出て行かないから、これからの発展は正直、問屋次第だね。僕らはそれに応えるだけだから。

長沼:僕なんかは、技術を見てすごいなぁって感動したんですけど。

長谷川:前は他所のところより良いものをって対抗意識持ってたけど、今は世代交代してるから。今は売上追求だけをしてると思うんだよね、商品追求じゃなくて。

長沼:他所との差異化があまり無いと。

長谷川:今は「価格」ばっかり追求してくるから。ユーザーが価格帯を望んでるから、まぁしょうがないけども。ポリシーの問題になるね。

長沼:いやぁ〜難しい…。

(別々のパーツ(リムとフロント)を合わせると一気にメガネらしくなる)

米谷:どうしたらいいですかね?若い子はメガネの職につかないし。

長谷川:今はピーク時より3分の1くらい。メガネに携わってる人にしても、鯖江の生産量にしても3分の1くらいだね。

長沼:人だけでなく、生産量も減っているんですね。

米谷:他所から入ってくるメガネは多いんですけどね。小売屋さんが強すぎるんですよね、普通逆なのに。どんどん抑えられて、ここでしわ寄せが来るんですよ。

長沼:テレビでよく聞く話だ…!

米谷:昔と比べて良くなったのは、海外との取引がしやすくなったことですね。

長沼:どこと取引することが多いですか?

米谷:うちはアジアが多いですね。ヨーロッパだとみんな鼻高いんで(笑)。

長沼:確かに(笑)。でも海外の人で鯖江のメガネを好きな人も多いですよね?

米谷:いますね!実際に鯖江に来たりしますから、通訳つけずに(笑)。

長沼:通訳なしは辛い(笑)。でも国際的に広がっているのは良いですね。

米谷:ただいかんせん、製造の人が間に合ってないですから。

長谷川:でも、僕んところも後継とか…。

 

あ。(全員の視線が長沼に)

 

長谷川:お、後を継ぐかい?最初は楽しいだろうけどね(笑)。

 

 

ーー鯖江で生まれ育ち、メガネを作り続けている長谷川さん。職人は直接お客さんと話をするわけでもなく、お客さんにとっては一番遠い存在である。しかし大量生産ではなく、1つ1つ丁寧にメガネを作る長谷川さんだからこそ、お客さんの顔を思い浮かべたメガネ作りができるのではないか。

「鯖江のメガネ」はブランドとして認知されており、華やかな面が注目されがち。しかしその商品が世に出る前に多くの人を経ており、今回その根底となる技術者の思いを聞くことができた。

今あなたが身につけているメガネには、そんな作り手の思いを感じられるだろうか。

 

そんな鯖江市で作られたOh My Glasses のメガネをGETしよう


この度、「いいメガネ」をもって「いい旅」をしてきてほしい!という想いを込めまして、Oh My Glasses TOKYOとコラボをして「いい旅、いいメガネキャンペーン」開催することとなりました。

日本国内・海外の旅先で、ご自身のご使用頂いているメガネやサングラスと、旅先での写真をSNSにて投稿していただいた方の中から、なんと沖縄・北海道・京都・愛媛・福岡・熊本の6都市の写真で紹介したOh My Glasses TOKYOのメガネまたはサングラスと旅のチケットとして、「ジェットスター・フライトバウチャー1万円分」をセットで6名様にプレゼント致します。

キャンペーン期間:2017年7月31日(月)23:59まで

関連記事リンク(外部サイト)

無印良品におまかせ!世界一周した店員がおすすめする7つのトラベルグッズ
飛行機への持ち込み禁止で没収されやすい17つのアイテム
500円以下で買える6つの海外旅行グッズ
バックパックは転がす?背負う?ついに、決着か

前のページ 1 2 3
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。