ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界に誇るMade in Japanメガネ!「福井県鯖江市」この道45年にかける職人の想い

世界に誇るMade in Japanメガネ!「福井県鯖江市」この道45年にかける職人の想い
Oh My Glasses TOKYO×TABIPPO タイアップ企画 「いい旅、いいメガネキャンペーン」】の開催を記念して、TABIPPOの旅するメガネこと、長沼がOh My Glasses TOKYOのメガネの生産地でもある福井県鯖江市へメガネ職人にメガネ生産の裏側をズバり、取材してきました。Oh My Glasses TOKYOのメガネやサングラス、ジェットスター・フライトバウチャー1万円分が当たる
「いい旅、いいメガネキャンペーン」の詳細はコチラから

 

最近JK課やアイドルの起用などで、たびたびメディアで聞くことも多い「鯖江」という街。福井駅から電車で15分ほどの場所に位置しており、改札を出ると目線の先にはメガネの看板が見える。

実は福井県鯖江市は、日本製のメガネフレームの9割以上が作られている「メガネ王国」。

流行に合わせたデザインのメガネが、手軽に買える時代。中にはレンズがついていない伊達メガネをかける人や、300円ショップなどで消耗品などとして買う人もいるが、今なお鯖江のメガネを愛するファンは多いのだという。

 

長谷川正行さん(写真右)は、鯖江の地でメガネ作りに携わって45年。今でも毎日、日本が誇るメガネを作り続けている。企画営業をされている米谷成司さん(写真左)にも同席していただき、編集部の長沼が話を聞いた。

 

21歳から始めたメガネ作り

長沼:長谷川さん、米谷さん、本日はよろしくお願いいたします。早速なのですが、長谷川さんはおいくつの時からメガネを作っていらっしゃるんでしょうか?

長谷川:21歳の時からだね。もう45年くらいになる。毎日メガネに触ってきたよ(笑)。

長沼:毎日メガネに触って(笑)。

長谷川:そうだね、毎日(笑)。

長沼:最初はどんな仕事からスタートしたんでしょうか?

長谷川:最初は1箇所だけを習うんだよ。「磨き」なら、もうそれだけ繰り返し。磨く作業だけを続けていたね。その頃の僕らは、「教えてもらう」ってことがなかったからね。

長沼:見て覚える、といった感じでしょうか。

長谷川:そうそう、ちゃんと習った記憶はないんだよ。これをああしろとか、ああやれとか教えてもらう感覚はなかった。自分で見て、あとは我流で覚えていったね。

長谷川:メガネってね、1枚1枚違うんだよね。その人の感覚が違うから。いろんな考え方の人がいるしね。もちろん基本はあるよ。角度とか、鼻幅でどのくらいとか。でもその人の感覚で、1枚1枚おそらくメガネは違うと思う。その人の感覚でメガネが仕上がるんだよね。

(蝶番をフレームに埋め込む作業。これで耳にかけるパーツとフレームが合わさる)

長谷川:磨きも裏のここだけ、みたいに細かく指定されてそこだけ。でも同じところだけやるなんて、僕も嫌なん(笑)。それで、違うところやったりすると「まだ早い!」って怒られたりして(笑)。

(フレームの素となるセルロイドやアセテートの板。ここから型をとる)

長谷川:でも今の若い子は、泥磨きもできない。年寄りしかやってない。誰も教えてないし教えられる人ももういないから。

長沼:……すみません、泥磨きって何でしょうか?

長谷川:粒子の細かいので、表面を綺麗にする研磨だね。ペーパーだと粗さは直せるけど、ツヤは出ないからね。

長沼:なるほど!ありがとうございます。その作業を、もう今の若者はしないと。

長谷川:そう。現実問題、いない。親がやっていれば、子どもに教えているかもしれないけど、会社の中で社員として働いている子に「磨け」とは言わないね。基本的に。

長沼:そういうのあるんですね、時代の流れというか。そもそも、メガネ作りに携わる若者って増えているんですか?

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。