体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケヴィン・スミス監督『コンビニ・ウォーズ』笑いっぱなしインタビュー 「次回作はセイウチ人間とミニナチとヘラジカ・ジョーズの壮絶バトルだよ!」

ケヴィン・スミス監督の最新作『コンビニ・ウォーズ ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』がいよいよ7/1より公開。

今作は、セイウチ人間ホラー『Mr.タスク』のスピンオフにして、ジョニー・デップの愛娘リリー・ローズ・デップとケヴィン・スミス監督の愛娘ハーレイ・クイン・スミスがW主演でヤル気のないJKコンビニ店員を演じ、長い眠りから覚めたミニナチ軍団と“時給を超えた戦い”を繰り広げるというトンデモ・ホラー・コメディ。情報解禁時から、ストーリーやキャラクターの意味不明さと、アンビバレンツなキャストの豪華さでニッチな映画好きのアンテナをビンッビン揺らしております。

ジョニー・デップが『Mr.タスク』に引き続き、自身が再演を熱望したヘボ探偵ギー・ラポワンテ役で再出演、ジョニーの息子ジャック・デップと、その母親ヴァネッサ・パラディも出演。更に、前作でセイウチ人間にされたジャスティン・ロングはヘンテコ・ヨガ・コーチ役、ハーレイ・ジョエル・オスメントはぷりんぷりんのホッペとお腹をたずさえカナディアン・ナチス役で登場。あのスタン・リーまでカメオ出演をするという異様に豪華なキャスティングで、その存在自体がギャグとも言えそうな今作。

ホラー通信では、今作の生みの親であるケヴィン・スミス監督にスカイプインタビューを敢行。サービス精神たっぷりにハイテンションに対応してくれた監督は、記者を含めインタビュー現場のスタッフ全員を爆笑させ続け、予定の時間を倍以上上回るトークを繰り広げてくれました。実は本国では賛否両論だったという今作ですが、監督は「日本には僕の映画を分かってくれる理解者がいる」と日本のファンへのアツい期待を抱いておりましたよ。そんな監督のインタビューをどうぞ、お楽しみください!

<『コンビニ・ウォーズ』ストーリー>
コリーン・コレット(リリー=ローズ・メロディ・デップ)とコリーン・マッケンジー(ハーレイ・クイン・スミス)は大のヨガ好きJK(女子高生)。怪しいヨガの先生(ジャスティン・ロング)に教えを請いながら怠惰なハイスクールライフを送っていた。ある日、2人は店長不在のバイト先のコンビニで学校のモテ男子とパーティーを行おうとするが、誤って地下に眠っていた邪悪なミニナチ軍団を呼び起こしてしまう。長い眠りから覚めたミニナチ軍団は巨大な怪物を解放し、世界侵略へと動き出す。2人の女子高生VSミニナチ軍団。今、世界を守る戦いの火ぶたが切って落とされる―コンビニで。

ケヴィン・スミス監督インタビュー

ケヴィン・スミス監督:コンニチハ~! 僕、94年に作品の上映があって東京に行ったことあるんだよね。そのときに「こんにちは」や「どういたしまして」を覚えたよ!

記者:すばらしい! まず作品の感想を言わせてくださいね。『コンビニ・ウォーズ』……大爆笑でした。大好きな作品です。

スミス:オ~マイガ~~! ありがとう! 僕もこの映画が大好きだよ。まあ中には酷評する人もいるんだけど、「よかったよ!」って言ってくれる人がいると「ワァ! もうひとり理解者がいた!」と思うんだよね(笑)。

記者:(笑)。ちっちゃなミニナチとのバトルや、ちりばめられた笑いのテンションが『死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット』を思い起こしました。

スミス:イエ~ア!!!(両手を広げて超笑顔) まさにそれ! ブルース・キャンベルがミニ・ブルース・キャンベルと戦うみたいなシーンだよね! 今回のミニナチを作ってくれた美術のボブ・カーツマンとも話してたよ! まさしくだよね!

記者:それです、それです(笑)。ミニナチというソーセージ頭のヘンテコなキャラクターはどうしてできたんですか?

スミス:元々はちっちゃいヒットラーのキャラクターにしようと思っていて。グレムリンならぬ“ヒットリン”!っつって、ジェイソン・ミューズ(『ジェイ&サイレント・ボブ』のジェイ役)に演じてもらおうと思ってたんだ。でもそれだとジェイソンが付けヒゲつけて演じるだけだろ? それじゃ物足りないんだよな。『Mr.タスク』も次回作もそうなんだけど、“ゴム怪獣もの”なんだよ。必要なのは“ゴム感”なんだ! それでMr.タスクのコスチュームも担当したボブとも話して、「ヒットラーと言えばドイツだろ? ドイツといえばなんだ?」って連想していった。俺はドイツといえばシュヴァルツヴァルト(黒い森)だったから、木目調の顔した人間みたいなのはどうだろ?って言ったら、ボブが「いやいや、ドイツと言ったらソーセージだろ」「ソーセージか!これで行こう」ってなったんだ。でもジェイソンは被り物が苦手らしくて。結局僕が自分で演じることになったんだよ。

[画像]予告編より ケヴィン・スミス監督が演じたミニナチ軍団

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。