ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイエットにも最適?グラム48円の鶏むね肉を「世界の味のソース」で食べ尽くす方法

f:id:Meshi2_IB:20170530004012j:plain

安価な肉の代表といえば、鶏むね肉ですよね。

うちの近所のスーパーでは、2キロパックが1,000円以下で売られているので、度々買って半解凍し、ひと塊ずつにバラして冷蔵庫に保存してあります。

チキンカツにしたり、唐揚げにしたり、山盛りレタスの上にソテーを乗せてシーザーサラダにしてみたり。「近頃、ちょっと疲れてるな~」という時には、『メシ通』のレシピ記事で見つけた、

www.hotpepper.jp

を作ってスープでイミダペプチドを摂取した後、余ったゆで鶏もおいしくいただいているのですが、ある日ふと考えたんです。

このゆで鶏、味のバリエーションを増やせたら、もっと生活に潤いが出るのではないか?……と。

そもそも、淡泊な味わいが特徴の鶏むね肉ですから、どんな味付けをしても大概はイケるはずなんですが、だからこそ、「どんな味付けにするか」がミソ。

せっかくだったらちょっと変わった味付けを探ってみたい……ということで発見したのがコレです。

f:id:Meshi2_IB:20170530003857j:plain

MC アメリカンケイジャンソース(356円)!

アメリカ合衆国メリーランド州に本社を構える世界最大のスパイスメーカー「マコーミック」のもので、試しに買ってチキンにかけてみると、これがめちゃうま!

f:id:Meshi2_IB:20170530003843j:plain

ローストした玉ねぎとガーリックを味のベースに、スパイシーな本格的派!

食べたことのない人に説明すると、「辛さを抑えたタバスコの風味がめちゃくちゃ豊かなバージョン」って感じですかね。酸っぱ辛いものが大好きな人にはたまらないと思います。あと、ビールに合う。最近、シーフードを手づかみで食べるケイジャン料理のお店が流行していて、なかなかに予約困難ともいう噂ですが、これがあれば自宅で、アメリカ南部名物料理をコスパよく楽しめる!

……満足したところで、ふと考えました。

もっとほかの種類のソースもあるんじゃないの、と。そこで調べてみたところ、やっぱり見つかりました。

f:id:Meshi2_IB:20170530003919j:plain

ずらり並んだソースアベンジャーズ。

左から MCメキシカンチリソース(356円) MCジャマイカジャークソース(410円) MCアメリカンケイジャンソース(356円) MCガラムマサラソースホット(356円) MCチキンホッターソース(356円) MCシャリアピンソース(410円)

f:id:Meshi2_IB:20170530003927j:plain

こんなのもありました。MCディップバジル&チーズ(216円)。というわけで、今回は、この7種を日替わりで試してみることにしました。

月曜日:MCシャリアピンソース

f:id:Meshi2_IB:20170530003942j:plain

ローストしたオニオンと赤ワインをべースにバターの風味も感じられるコク深いステーキソース。ハンバーグやローストビーフなどの牛肉に合わせることが多いのですが、鶏むね肉にも違和感なくマッチします。

ちなみにシャリアピンソースは、実は日本生まれってご存じですか? ロシアの高名な声楽家、シャリアピンが1934年に来日したおり滞在した帝国ホテルで考案されたものだそうです。

火曜日:MCチキンホッターソース

f:id:Meshi2_IB:20170530004018j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。