ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「牡蠣のおいしい食べ方」について美人ママさんに教わってきた【美人ママさんハシゴ酒】

f:id:Meshi2_IB:20170511075441j:plain

美人ママに教わる「もっとお酒がおいしくなる牡蠣の食べ方」【美人ママさんハシゴ酒 第19回】

カメラマンの沼田学さんが、「僕がよく行く、牡蠣のおいしいお店に美人ママがいますよ」とのこと。

もっと早く言ってよぉ、牡蠣の旬って冬でしょ?

「なに言ってるんですか、今は牡蠣って、一年中おいしいんですよ」と笑う沼田カメラマン。そ、そうなんだ、知識のないのが露呈して恥ずかしぃ。

というわけで、取材にうかがうことにしたのです。

f:id:Meshi2_IB:20170427093102j:plain

世田谷線松陰神社前駅から商店街を南へ1分も歩かないうちにある「マルショウ アリク」

おっと、開店前ですね。すみません、こんにちは。

オーナーの廣岡好和(ひろおかよしかず)さんが開店準備に追われていた。

「ヨッシー、よろしくね」

沼田カメラマンは、彼のことを“ヨッシー”と呼んでいます。僕もヨッシーって呼ぼう。

f:id:Meshi2_IB:20170427093103j:plain

ママはまだいらっしゃっていないので、ヨッシーさん、本日の牡蠣を見せてもらってもいいですか?

f:id:Meshi2_IB:20170427093104j:plain

おおっ。壮観ですね。

これって生きているんですか?

「はい、生きてますよ。仮死状態といえばいいですかね」

ところで、「マルショウ アリク」という店名変わってますよね。

「マルショウというのは、丸に商い、商店のことです。アリクというのは古語で『歩く』ということなんです。また、『在り来』という字を書いて、変わらずにずっと存続するという意味もあったようです」

なんだか、いろいろこだわりがあるお店なんですね……なんて話をしていると、おっと、美人ママ登場だ。

f:id:Meshi2_IB:20170427093108j:plain

本業は女優さんだそうだと事前に得ていた情報をぶつけてみました。

f:id:Meshi2_IB:20170427093118j:plain

「お店では、本業とは区別しているんです。ですから、ここでは、マユという名前でやっています。はい、おしぼり」

おお、ありがとうございます。

ところでママ、乾杯したいのですが、なにを飲まれますか。

「え、私、ママじゃないので」

あ、すみません。では、マユさん、なにを飲まれます?

「では、レモンサワーで」

それじゃ、僕も同じものを!

f:id:Meshi2_IB:20170427093105j:plain

さっそくレモンサワーを作ってくれたマユさん。

レモンの絞り方が力強くて素敵!

f:id:Meshi2_IB:20170427093106j:plain

カンパーイ!

それじゃ、さっそく牡蠣をいただきましょうか。

f:id:Meshi2_IB:20170427093109j:plain

やはり、この「牡蠣の食べ比べ三種盛り」から行きましょうか。これ、毎日、内容が変わるんですよね。

ちなみにこのメニュー、絵本にメニューが貼りつけられています。

「きょうは下関の牡蠣もありますから」とヨッシーさん。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy