体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島の母たちが作る「よろずストアー」の弁当が安くてウマい【石垣島】

f:id:mesitsu_la:20170615182841j:plain

早朝から夜までお客さんが途切れないお店

こんにちは、石垣島出身のメシ通レポーター・泡です。

旅先でその土地ならではのスーパーや市場に行くのが好きな方は多いと思います。

観光地にはない、リアルな暮らしに触れてみるのも旅の醍醐味(だいごみ)の1つですよね。

今回は、「弁当」を通してぜひそれを体験してみていただきたく。

近年、飲食店やコンビニが急増した石垣島ですが、よろず屋的なスーパーというか商店では昔からずっと島人の胃袋を支えてきた「弁当」が変わらず売られているのです。

これが島の家庭の味をそのまま詰め込んだようなもので、実に土地色が濃厚なんですよ。

中でも私がおすすめしたいのは、市街地近くにある「よろずストアー」の弁当。

f:id:mesitsu_la:20170615182919j:plain f:id:mesitsu_la:20170615182924j:plain

市街地の拠点となる離島ターミナルからバイパス道路を東へ向かい、左手に「アイン薬局」が見える交差点を左折してください。

f:id:mesitsu_la:20170615183010j:plain

そして1筋目を右折。奥に見える白い建物は「八重山商工高等学校」、通称・商工。この学校のグラウンドの南側にお店があります。

f:id:mesitsu_la:20170615183023j:plain

お店の横には駐車場も完備。バスでは不便な立地なので、レンタカーやタクシーでの訪問をおすすめしたいです。

f:id:mesitsu_la:20170615183038j:plain

店内には食品や飲み物、生活雑貨などが並んでいますが、目を引くのはやはり弁当コーナー。3段の棚にみっちりと並んだ弁当たち。

何種類あるんだ、いったい……。

「種類がどれだけあるかはわからんよ~。メインのおかずが同じでも副菜を変えたりしてるから、数えきれんサー」とニコニコ答えてくれたのは、店主の金城さん。

29年前にこのお店を始め、今も早朝からスタッフとともに厨房に立って弁当を作り続けています。

「スタッフはみんな島のお母さんたち。うちのお店のレシピというのはなくて、それぞれに任せて作ってもらってるから1つの弁当にあちこちの家庭の味が詰まってるわけさ。同じゴーヤチャンプルーでもみんなちょっとずつ味が違うねぇ」

おお、なんともぜいたくな話ではありませんか。

郷土料理のお店へ行けばきれいに整った料理はそろっていますが、リアルな家庭の味というのはなかなかありつけないもの。それが気軽かつ手頃に楽しめるなんて、弁当侮るべからず、です。

f:id:mesitsu_la:20170615183113j:plain

ベテランスタッフの康子さんと談笑しながら次々とおかずを仕上げていく金城さん(奥)。

f:id:mesitsu_la:20170615183130j:plain

厨房は30年近く使い込まれているとは思えないほどぴっかぴかです。

奥に見えるのは、ガス火炊きの3升炊飯器。

「やっぱりガスで炊くのがおいしいよ。それにうちはお米にはこだわっていてコシヒカリを使っているからね。『ご飯がおいしい!』っていってリピーターになってくれる人も多いさぁ」

開店は朝の6時!

7時前後、出勤前に朝食を買いに来る人たちで第一弾の波がきます。次々と車がやってきて、手慣れた様子で“いつもの”を買って行く島人たち。男性が多いようですが、中には若い女性もちらほら。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。