ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外と、ひねくれちゃった方がみんな共感してくれる。EMILYの原動力

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

「東京都生まれ、東京都育ちです。母がアメリカ人で父が日本人」

──地元はどこ?

「高円寺。高校も大学もわりと地元に近かったんで、いまでもほとんどその辺で過ごしてます。新宿より先にはあんまり行かない」

20170627_emily02.jpg

──そうなんだ。ところで、EMILYさんがやっているデュオ「HONEBONE(ホネボーン)」の曲って、飾らない歌詞が特徴だね。

「ぜんぜんお洒落なことが言えないんですよね。最初に出したアルバム『Too Many Kisses』は、いまと違ってポップな曲が多くて。まだ若かったし、言いたいこともそんなになかったから、『歌詞ってこんなもんなんじゃないか』くらいで書いてたんです」

──たしかに、1枚目のアルバムは明るめの曲が多いね。

「2枚目からは、まるっきり自分で曲作ってみようって思って。でも、ぜんぜんうまく書けないから、一度相方のKAWAGUCHIさんに、私が昔から書いてる日記を見せてみたんです。もう何十冊もあるんですけど。『私こんなのしか書けないよ』って。けっこう暗い内容なんだけど、相方のKAWAGUCHIさんが『これでいいじゃん。別にうまいこと言わなくていいよ』って言ってくれたんです。じゃあ、歌詞を書くっていうマインドじゃなくて、日記を書くっていう感じで最初に書いてみたのが『するめいか』」

20170627_emily03.jpg

──たしかに1枚目と2枚目だとぜんぜん雰囲気が違う。私、1枚目だと『ドクター』って曲が好きなんだけど、あれって何をモチーフにしたの?

「あれは、うつ病の知り合いがモデル。最初は薬に依存してたんだけど、薬をやめたいからってカウンセリングを受けるようになったんです。そしたら、次はその先生に依存するようになって。その様を書いてます。曲を作るときにモデルになる人はけっこういて、自分のことを書くときもあるかな。『するめいか』もそう」

──『するめいか』っていじめられた側からの視点だよね。いじめられてたのはいつ?

「中学校1、2年でがっつり。女の子ってグループで順番にいじめていくじゃないですか。シカトしたり。多分私も誰かのことしてたんだろうし。それが自分の番の期間が長かったんですよね。でも、当時は自分がいじめられてるってあんまり思わなくて。『あれー? なんか私の番、長いぞ。もう年単位だぞー?』って(笑)」

──どうやってなくなったの?

「当時携帯を持ってたんだけど、いじめてる子たちから変なメールがきたりしてたんですよね。私、強そうに見られるんですけど、ぜんぜん怒れなくて。それを見かねた兄が、ある日『いい加減にしろ。我慢してるのがダサすぎる』って、私の携帯から『ぶっとばすぞコラ』みたいな内容のメールを勝手に送っちゃったんです」

20170627_emily11.jpg

──お兄さん強い(笑)。

「『あーもう終わったー』って思いながら次の日学校に行ったら、普段おとなしかった人があんなメール送ってきたからびびったんでしょうね(笑)。謝られた。その日からいじめはピタッと終わったな」

──その女の子たちとはまた仲良くなれた?

「いや、ぜんぜん仲良くなれなかった。私、当時地毛が金髪でただでさえ目立ってたのに、男勝りで男子とも平気で話してたから、それが気に食わなかったみたい」

──あー、中学生ってそういうところ気にするもんね。

「そういうのもあって、基本的に人を信用してないんですよ。面倒くさいことが嫌だから、ある程度の距離をとってる。とくに女の子は何して遊んだらいいかわからない。たいていお茶で終わるな。どうしても私と会いたいって言ってくれたとしても『何が目的なんだろう?』って勘ぐっちゃう(笑)。あんまり交友関係広く無くて、完全に閉鎖的なんですよね」

20170627_emily04.jpg

──じゃあ男友だちのほうが多いんだ?

「そうですね。飲みに行ってもサクッと終われるからラク」

──なんかちょっと意外。華やかな見た目とのギャップっていうか…。

「それはよく言われます。パーティ好きそうとかね。ぜんぜんそんなことないんです。クラブとかもダメですね」

──自分の性格どう思う?

「完全にひねくれてる。元気な歌とか聞くと、『重た〜い』ってなるんです(笑)。冷たいのがいい」

20170627_emily07.jpg

──それは歌詞にも反映されてるのかな?

「そうですね。考えて書くといい歌詞ってできなくて。たまに歌詞って意識しないで、思うままにひどいことを書きなぐったりもします。『死んでほしい』みたいな。『こんなん使えるかい』って思うんだけど、意外とKAWAGUCHIさんが『これいいよ』って言ってくれる。聴いてくれる人からも共感したって声を聞いたり。そこで気づいたのは、意外とひねくれちゃったほうがみんな共感してくれるってこと」

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。