体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレー店なのに店名が「フジヤマプリン」!?謎が謎を呼びっぱなしで解決には至らず【京都】

f:id:mesitsu_la:20170616120413j:plain

名は体を表す、って本当ですか。こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するお店の名前は「フジヤマプリン」です。でも、プリン専門店ではなく、カレーがメインのお店。

そして先に申し上げると「フジヤマ」に、意味はありません。どんなこっちゃ。

ということで、調べてまいりました。

お店を支えているのは家族の歴史

f:id:mesitsu_la:20170616120406j:plain

場所は、京都市右京区。天神川通り西側に面していて、高辻通りと五条通りの間。

f:id:mesitsu_la:20170616120408j:plain

お店の南脇には、駐車場が4台分。徒歩3分の場所には+2台分の駐車場がありますよ。車派の方はチェックを!

こちら「フジヤマプリン」は、1999年にオープン。その後いろいろあって現在に至ります。その「いろいろ」の中に、ネーミングの理由やカレーの秘密がありますので、分かりやすいよう登場人物別にまとめました。

●店長……30代男性、写真は「恥ずかしいからちょっと……」とのことでしたが、爽やかなメガネ男子です。

●祖母……西京極運動公園の前で、昭和40年より喫茶店「MOKU」を経営。長く続いていたが、1990年代に閉店。

●母親……「MOKU」のカレーを引き継ぐ。

●父親……この場所で印刷会社を経営していたとき、飲食部門を立ち上げることになる。印刷会社の頭文字が「FP」だっため、同じ頭文字になる「フジヤマプリン」を命名。「世界進出したときに、名前がフジヤマだったら日本ぽいよな!」というのも理由のひとつのよう。

ということで、

「フジヤマプリン」という店名に意味はないのです。

●母親……「MOKU」で受け継いだカレーを提供する「フジヤマプリン」店主となる。

半年後いったん閉店。

●弟……大学卒業後の2007年、「フジヤマプリン」を再開。

店名が「フジヤマプリン」なのに、プリンを出していないのはおかしいかも……と、プリンを開発。

2015年、突如、宮崎県の地にほれ、縁もゆかりもない地で「フジヤマプリン」を開店。

●(ふたたび)店長……会社を辞め、こちらの「フジヤマプリン」を引き継ぐ。

f:id:mesitsu_la:20170616120410j:plain

弟さんが「フジヤマプリン」を始めて、2017年で10周年を迎えました。お店の中のかわいい飾りは、10周年パーティーのなごり。

f:id:mesitsu_la:20170616120409j:plain

店内は、木のテーブルやバラバラの椅子が置かれていて、ナチュラルな雰囲気。女性ウケしそうな感じですが、平日の昼間は男性のお客さんが多いそう。

f:id:mesitsu_la:20170616120421j:plain

パッチワークのコースターは、お母様による手作り。

f:id:mesitsu_la:20170616120411j:plain

1人でもくつろげるカウンター席。窓の外に見える緑は、天神川沿いの桜の木です。

昼にちょっと立ち寄って、緑を眺めながらぼんやりするのもいいですね。

f:id:mesitsu_la:20170616120422j:plain

カウンター席の端にあった、木を削りだしたと思われる椅子が好みでした。店長さんに、どこのものかお聞きしましたが「いや〜、僕、引き継いだだけなんで分からないんですよ」。

f:id:mesitsu_la:20170616120423j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。