ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【浅草エリア】人気デートスポット10選!定番から穴場まで!

【浅草エリア】人気デートスポット10選!定番から穴場まで! 浅草デート

外国からの観光客も多く、見どころ満載の街「浅草」。カップルで下町ならではのデートを楽しみませんか?

今回はそんな浅草エリアの人気デートスポットをご紹介。本当にデート向きなスポットだけを、定番から穴場まで厳選しました!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

ゆうえんち浅草花やしき

ゆうえんち浅草花やしき

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151686/photo/

浅草随一のデートスポットとしても人気の遊園地だ。この10年間で数回大規模なリニューアルを重ね少しずつグレードアップしてきたが、昔ながらの温かさは健在。リトルスターやお化け屋敷、臨場感抜群のゴースト館のほか、日本現存最古のコースター(1953年製造)などのアトラクションもおすすめ。

昭和の薫りがただよう遊園地

\口コミ ピックアップ/

日本の遊園地の元祖とも言える花やしき。民家の軒先を駆け抜けるコースターがやっぱり一番のオススメです。

(行った時期:2014年2月)

レトロな感じが素敵な遊園地です。

ガタガタいうジェットコースターに本物が出そうなお化け屋敷が有名なのでおすすめですよ~

(行った時期:2014年3月) ゆうえんち浅草花やしき

住所/東京都台東区浅草2-28-1

「ゆうえんち浅草花やしき」の詳細はこちら

浅草寺

浅草寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13106ag2130012302/photo/

東京の名所で大提灯、仲見世が江戸情緒を伝える。現本堂は昭和33年再建の鉄筋コンクリ-ト造り。浅草名所七福神。

\口コミ ピックアップ/

浅草の町並み、中央のお土産屋さんなど下町を楽しめます。おみくじは私は何回ひいても凶が出ます。。人形焼きを買って、メンチカツを食べて、お参りして、天ぷらを食べにいって♪スカイツリーも近くに見えます。

(行った時期:2014年5月)

東京観光では外せない名所の浅草寺です。いつも観光客で賑わっています。外国の方も多く観光されています。

(行った時期:2014年6月) 浅草寺

住所/東京都台東区浅草2丁目3-1

「浅草寺」の詳細はこちら

まるごとにっぽん

まるごとにっぽん

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184799/photo/

浅草にオープンした、日本全国の伝統や食文化・製品を紹介する施設。全国の隠れた名産品などを取り扱っている。日本の文化を見て、食べて、購入することができる注目のスポット。

\口コミ ピックアップ/

最近オープンした日本名産品があつまるショッピングビル。伝統工芸や食だけでなく、化粧品などもあり外国人観光客だけでなく、日本人にも人気のあるスポットです。1Fの食品売り場は美味しいものが集まっていて時間がたつのがあっという間です。

(行った時期:2016年1月)

日本全国からたくさんのお店が集まっていて、とても楽しめました。

また近くに行く機会があれば寄ってみたいと思います。

(行った時期:2017年2月13日) まるごとにっぽん

住所/東京都台東区浅草2-6-7

「まるごとにっぽん」の詳細はこちら

隅田公園

隅田公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13106ah3330041104/photo/

関東大震災後、東京復興計画に基づいて開園したリバーサイドパークです。八代将軍・徳川吉宗のはからいで植えられた桜並木は(吾妻橋・桜橋間)桜の名所で、3月下旬から4月上旬には、隅田公園桜まつりが行われ、夏は隅田川花火大会が行われます。

\口コミ ピックアップ/

川の近くで、風が心地よかったです。いい眺めでした。船も走っていてそれも風情があって素敵だと思います。

(行った時期:2016年6月)

景色が良くのんびり時間を過ごしたい夫婦やカップルにオススメ!春の暖かい日がかなり個人的に好きでオススメです。

(行った時期:2015年5月) 隅田公園

住所/東京都台東区花川戸・浅草

「隅田公園」の詳細はこちら

浅草演芸ホール

浅草演芸ホール

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151684/photo/

庶民の笑いの神髄、落語を中心として漫才・漫談、ものまねからマジック、曲芸までバラエティに富んだお笑いを提供し数々の芸人を生んだ劇場だ。正月の落語家全員による顔見せ、春先には真打ち昇進披露がみられる。また、8月11日~20日の昼の部には毎年恒例の「納涼住吉踊り」などの余興が多く楽しめる。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。