体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全国】おすすめ”サイクリングロード”40選!定番から穴場まで厳選!

【全国】おすすめ”サイクリングロード”40選!定番から穴場まで厳選! サイクリング

春から秋にかけて、屋外でのレジャーが更に楽しくなる季節!

青い空の下、日常の喧騒を忘れ、サイクリングに出かけてみませんか?肌で感じる風は、きっと心地よく癒されるはず。

家族やカップル、おひとり様でも楽しめるおすすめサイクリングロード、サイクリングスポットをご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

ゆり高原ふれあい農場 【秋田県】

ゆり高原ふれあい農場出典:じゃらん 観光ガイド ゆり高原ふれあい農場

ゆり高原ふれあい農場には、放牧牛が見られる牧場やみどりの広場、サイクリングロード、小動物園などがあり四季に応じて楽しみがあります。 ゆり高原ふれあい農場

住所/秋田県由利本荘市黒沢字東由利原

「ゆり高原ふれあい農場」の詳細はこちら

仁賀保高原 【秋田県】

仁賀保高原出典:じゃらん 観光ガイド 仁賀保高原

鳥海山の裾野、標高500mに広がる広大な草原。高原には15基の風車が設置され、南に鳥海山、西に日本海と360°の大パノラマが広がり、大自然を満喫できる。さらに観光整備された高原一帯には市営休憩施設「ひばり荘」をはじめ、サイクリングロード、キャンプ場などが備えられている。また、近くにジャージー牛を飼育する土田牧場があり、ジャージー牛・乳製品が味わえる。 仁賀保高原

住所/秋田県にかほ市馬場字冬師山

「仁賀保高原」の詳細はこちら

花岡公園 【青森県】

花岡公園出典:じゃらん 観光ガイド 花岡公園

遊歩道、サイクリングロード、自由の広場、スキー場等の施設がある。

\口コミ ピックアップ/

サイクリングを楽しみました。景色がとても良いですね。とてもリフレッシュできました。遊歩道などもあるので、散歩している人も多かったです。

(行った時期:2017年11月)

サイクリングが出来たり、遊歩道を散歩したり、広場で思いっきり遊んだりと、のびのび過ごすことが出来る公園です。とても綺麗な公園でした。

(行った時期:2017年7月) 花岡公園

住所/青森県青森市浪岡女鹿沢字野尻28-3

「花岡公園」の詳細はこちら

暗門の滝 【青森県】

暗門の滝出典:じゃらん 観光ガイド 暗門の滝

目屋渓谷の上流にかかる三段の滝。附近は千古斧を知らぬ原始林で探勝も困難だったが現在自動車道が開通し歩道も完成。

\口コミ ピックアップ/

三段の滝になっていて、夏の暑い時期には涼む場所としても最適です。自転車道と歩道もあり、最高の自然空間でした。

(行った時期:2017年5月)

水量豊富な滝とそこから続く美しい川の流れに見いってしまいます。

天気が良ければレンタサイクルで回るのがオススメです。

(行った時期:2016年9月) 暗門の滝

住所/青森県中津軽郡西目屋村

「暗門の滝」の詳細はこちら

羽鳥湖 【福島県】

羽鳥湖出典:じゃらん 観光ガイド 羽鳥湖

鶴沼川を堰止めた潅漑用人造湖である。周囲約16km。現存するアースダムの中では、湛水面積と総貯水容量において日本一。「大川羽鳥県立自然公園」に指定され、オートキャンプ場、サイクリングロードが整備されている。

\口コミ ピックアップ/

人造湖ではありますが、自然が豊かでいろいろな施設があります。湖をぐるっと周るサイクリングロードがお勧め。

(行った時期:2015年9月)

湖の周辺道路がとても整備されていてジョギングやサイクリングに最適です。遊覧船などはなかったと思います。

(行った時期:2015年8月) 羽鳥湖

住所/福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥字水上

「羽鳥湖」の詳細はこちら

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木 【福島県】

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木出典:じゃらん 観光ガイド 日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木

4月中旬~下旬、日中線記念自転車歩行者道、約3キロに1,000本のしだれ桜が咲き乱れる。

\口コミ ピックアップ/

毎年行っていますがいいところです。

線路の跡地なのでずっと長い桜の道となっています。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。